女優

30代から女優になれる?募集先の事務所オーディションを全て紹介

女優目指すといえば10代20代のイメージがありますが、30代の今からでも女優になりたいと考えている方も少なからずいるのではないでしょうか。

 

ですが

でも実際なれるの?

どうやったらなれるんだろう?

募集とかされているのかな?

と疑問に思うことは多いかと思います。

 

そんな方に向けてこの記事では

・30代からでも女優になれるのか

・募集先の事務所オーディションについて

・オーディション合格にむけての心得

に分けて詳しく説明していきたいと思います。

 

 

30代からでも女優になれる?

悩む女子
30代から女優になりたいけど、いまさら無理かな?

 

いいえ、そんなことはありません。

結論から言うと30代からでも女優になれます

 

実際に30代から女優を目指した芸能人などもいるので、いくつか紹介します。

 

中村アン

モデル・タレントとして活動していた中村アンさんですが、30歳を機に女優としてやっていこうと決意しました。

 

中村さん自身「人より遅いスタート」ということに引け目を感じていたそうです。

もう、31歳だから」と言った中村さんに監督の方に「その人のタイミングでやっていけばいい」と言われ胸に響いたとインタビューで答えています。

 

吉田洋

舞台女優として過ごしていた吉田羊さんですが、30歳の時スカウトされ芸能界デビューをしています。

 

年齢公表をしていないですが、その理由を本人が「年齢というものに囚われず、自分をキャスティングしてくれる人が思う見た目の年齢で役を決めて欲しいから」と話しています。

吉田さん女優業に専念するため生活費を事務所から借金していたと言われています。

 

返済したいという気持ちもありブレイクできるよう努力をしていた結果身を結んだことから、努力し続けるということが大切だと思います。

女優になるためにはどうしたらいい?

上記のように10代20代に比べてチャンスは少ないながらも、30代から女優として活躍している方もいるのでチャンスをものにするために頑張りましょう。

 

悩む女子
でも実際どうやったらなれるのかな?

女優になるにあたって、まずしなければいけないことはオーディションを受けることです。

スカウトをきっかけに芸能界デビューという道もありますが、30代のスカウトはほぼないといってよいでしょう。

 

悩む女子
オーディションも難しそうだけど。

確かに30代は、10代・20代よりは狭き門となります。

10代20代に比べてライバルが少ないことは確かですが、30代だからこそオーディションの年齢に引っかかってしまったりと不利なところもあります

 

しかしただ待つだけではデビューはできません

 

30代からの募集もあります

30代で合格している方もいます

諦めずに挑戦していくことが大事となります。

 

自ら行動を起こして自分の手でデビューをつかんでください。

そのためには、自分をしっかりアピールしていくことが大切となります。

芸能関係者

 

30代からの女優になるための募集先・オーディションは?

悩む女子
30代からも女優になれることは分かったけど、実際に30代からの募集はあるの?

いざ、女優になりたいと思っても募集があるかどうかということが問題になってきますね。

 

というわけでこの章では、募集先や費用・オーディションについて一つずつ細かく説明していきます。

キャストパワーネクスト

引用:キャストパワーネクスト

大島さと子・東野なぎこ・高杉亘などの有名どころが所属している事務所キャストパワーの新人育成機関となります。

こちらは30代以上の所属タレントが多く30代としてデビューして活躍していく環境が整っています

 

募集要項

経験不問

俳優・女優・歌手・モデル・声優・タレントなど幅広いジャンルで募集

30歳~59歳までの心身ともに健康な男女

費用

レッスン料:月2万~3万円

オーディション内容

・カメラテスト

・自己紹介

・課題演技

・ディレクター面接

テアトルアカデミー

引用:テアトルアカデミー

有名な子役たちが在籍している事務所の育成機関となります。

幅広い年齢募集をしており、所属してからも年齢・部門・経験により部門がわかれています。

39歳まではユース部門となります。

 

募集要項

経験不問

年齢不問

費用

初年度(入学金含む):53万1350円+追加レッスン費(3,000円)

2年目以降:25万3120円+追加レッスン(3,000円)

オーディション内容

グループ面接

実技テスト

カメラテスト

YStar(ワイスター)

引用:YStar(ワイスター)

芸能事務所ワイスターは俳優・タレントのマネジメント業務はもちろん、オリジナル作品の制作も行ってる事務所となります。

オリジナル作品も制作していることで出演できる確率が高くなります

 

応募要項

未経験者大歓迎

オーディション参加費完全無料

12歳(中学生)~35歳まで

東京開催オーディションに参加可能な方

俳優、女優を含めマルチタレントとして活躍したい方

合格後ワイスター所属可能な方

費用

所属にかかる費用無料

オーディション内容

・一次審査

自己PR

実技

・二次審査

面接

アヴィラステージ

引用:アヴィラステージ

重盛さと美をはじめ、宇恵さやか・上野まな・ミラクルひかる・クリス松村他、多数が所属している芸能プロダクション【アヴィラ】の芸能育成スクールとなります。

東京の大手プロダクションであり知名度がある芸能事務所です。

 

募集要項

経験不問

前向きな姿勢や個性、素質を重視

6歳~35歳までの心身ともに健康な男女ならどなたでも応募が可能

費用

初年度(入学金含む)10万円

レッスン料:3万3000円

オーディション内容

自己PR

実技課題

 

こちらで紹介した事務所は一部であり、他にも応募しているところはあります。

10代・20代よりは数が少なかったり、年齢制限があったりとしますが確実に募集しているところはあります。

ぜひ、デビューへの一歩を踏み出してください。

芸能関係者

 

30代から女優目指す方のオーディション合格に向けての心得とは?

悩む女子
意外と30代からでも受けられる募集もあるんですね。…でも実際オーディションって受かるのかな?

 

いざ、オーディションを受けようと決めても実際色々な不安があるかと思います。

なのでこの章では、オーディション合格に向けての心得を4つに分けて詳しく説明していきます。

①自分が歩んできた人生に自信を持つ

まず、自分の人生に自信を持ってください。
芸能関係者

 

10代20代では、経験できていないことをたくさん経験してきているでしょう。

 

「もし、28歳に戻れますって言われても、戻りたくないです。だって、絶対に、“今”を積み重ねた未来のほうが楽しいから」

引用:中村アン 30歳からの自由で 軽やかな幸福論

こちらは女優の中村アンさんがインタビューにて答えていた一文となります。

 

自分に向き合って選んだことなら、つらいことや壁にぶち当たったとしても、あの時選んだ自分自身に力をもらえるんじゃないかという気がしています。」

引用:キャリア教育×HERO:文部科学省

こちらは女優の吉田羊さんが答えていたインタビューの一文となります。

 

特に経験を積んできてないと思う人もいると思います。

しかし、会社員であったり、主婦であったりと自分が過ごしてきた日々は、それだけで10代・20代にはないものとなり30代ならではの魅力となります。

それが強みになることもあります

 

フレッシュさではない自分なりの大人の魅力をぜひオーディション時に見せるようにしてください。

②常に自分磨きをする

次に、常に自分磨きをしてください。

これは外見だけでなく内面も含めてです。

芸能関係者

 

いつどんな役をするかわかりません。

どんな役にも適応できるよう知識をつける。

そういったことが大切になってきます。

 

数年前、スキンケアや食生活を徹底的に見直したんです。

先輩の女優さんや仕事現場のスタッフさんがおすすめしてくれるものはとにかくなんでも試して自分に合うものを追求

その結果たどり着いたのが、今も実践している“シンプルイズベスト”なスキンケアでした。

引用:中村アン 30歳からの自由で 軽やかな幸福論

こちらも女優の中村アンさんが答えていたインタビューの一部分となります。

 

常に自分に合うものを探していく、それにより自身もついてくると思います。

いろんなことに興味を持ち学び実践していく、それが自分に対して財産となります。

③自分の長所を明確にする

次に、自分の長所を明確にしてください。
芸能関係者

 

10代ではまだ若いぶんこれから磨いていくとなりますが、30代ではハッキリしていないと自分を分かっていない、客観視できていないと評価されます。

 

そして何より自分の良さをアピールすることができません

昔の私は「やるからにはちゃんとやりたい!」とか「完璧に見せなきゃダメなんじゃないか」って、頑なになっていた部分がありました。

芸能界には本当に個性の塊みたいな方がたくさんいらっしゃるので、「私も唯一無二の存在になりたい」ってもがいていたんです。

でも意外と完璧にできなかったときほど「こっちの方がいいじゃん!」とか「こっちの方が似合ってるよ!」って言っていただいて、「あ、別に完璧じゃなくてもいいんだ!」って自分らしさを少しずつ出せるようになっていったような記憶があります

引用:PINTSCOPE 中村アン インタビュー

こちらも女優の中村アンさんのインタビューの一部分となります。

 

オーディションで大事なことはどれだけ自分らしさ・自分の良さをアピールできるかになります。

その長所が役につながることもありますので、しっかり自分の長所を明確にしてください。

④受かりそうなオーディションをリサーチする

最後は、受かりそうなオーディションをリサーチするということです。

やみくもにいろんなオーディションを受けても受かりません

芸能関係者

 

年齢制限があるオーディションもあるので、あらかじめのリサーチは大切です。

 

例えば、30代~というオーディションを探してみたり、所属タレントの年齢層・30代からのデビュー実績などを見てください

その事務所がどんな年齢層を欲しがっているか、合格した後の環境はどうかが分かってくると思います。

また、年齢制限のないオーディションも良いと思います。

 

とりあえずオーディションに受けてみるというより、ここだから受けたいという気持ちも湧いてくると思います。

それが、応募動機・やる気につながっていきます。

 

以上がオーディション合格への心得となります。

30代ならではの良さはたくさんあります。しっかり準備してオーディションを受けてください。
芸能関係者

 

まとめ

ここまで、30代から女優になるために

スカウト待つよりオーディション

募集先は多くはないが30代~のオーディションもある

合格への心得4つ

30代ならではの魅力・自分らしさを出してオーディション合格をする

に分けて説明してきました。

疑問は解消できましたか?

 

少しでもこの記事が役に立てていれば良いと思います。

-女優

© 2021 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム Powered by AFFINGER5