養成所や事務所

ホリプロで赤ちゃんタレントや子役用のオーディションはあるの?

赤ちゃんタレントや子役になるために、ホリプロのオーディションを受けてみたいと、考えたことはありますか?

赤ちゃんタレントや子役を目指すのであれば、できれば有名事務所でデビューさせたい、と思いますよね。

そうなると、ホリプロへの所属を希望するのは、当然だと思います。

 

とはいえ、ホリプロで、赤ちゃん・子どもを芸能界デビューさせたことがなければ、

 

「どうすれば、ホリプロで赤ちゃんタレント・子役になれるの?オーディションはあるの?」

「ホリプロに養成所のようなものはあるの?費用はかかるの?」

「ホリプロで赤ちゃんタレント・子役としてデビューできる可能性はどれくらいあるの?」

 

といった疑問が出てくると思います。

今回は、こういった疑問に答えていきます。

 

この記事を読むと、次のことが分かります。

 

・ホリプロに赤ちゃんタレントや子役として所属するための、オーディションがあるのかどうか。

・オーディション以外にホリプロに所属する方法

・ホリプロで赤ちゃんタレントや子役として、デビューできるのかどうか

 

是非、読んでみてください。

 

ホリプロに赤ちゃんタレント(モデル)オーディションはあるの?

残念ながら、ホリプロで、赤ちゃんタレント(モデル)になるためのオーディションは、現在おこなっていません

よって、赤ちゃんタレントとして、直接ホリプロに所属することはできません。

 

しかし、ホリプロから、仕事のチャンスをもらう方法があります。

それは、HIA(ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー)のリトルスタークラスに、登録することです。

HIAとは、レッスンを受けながら、仕事をおこなう、ホリプロの養成所のようなものです。(ただし、赤ちゃんは、レッスンがありません。)

 

HIAに登録することで、ホームページに写真を載せてもらうことができます。

すると、その写真を、赤ちゃんモデルを探しているクライアントが見ますので、イメージが合えば、スカウトされる可能性があります。

また、ホリプロから直接、仕事を提案されることもあります。

 

登録するだけですので、正確にはホリプロに所属できるわけではありません。

また、登録には、年3万5000円(税別)の登録料がかかります。

そうなると、所属はできないのに、お金だけはかかるという負のイメージが先行してしまい、諦めようと考えてしまうかもしれません。

 

しかし、ホリプロは大手の芸能事務所ですので、クライアントからの注目度も高いです。

実際に登録して、活躍している赤ちゃんもいます。

https://twitter.com/horipro_academy/status/1157092587712335872?s=20

 

HIAのリトルスタークラスのタレント名鑑をみると、100名以上の赤ちゃんが、登録をしていますので、それだけ実績があるということでしょう。

赤ちゃんタレント(モデル)の仕事をさせてみたいと思うのであれば、まずは、登録してみることをオススメします。

 

応募は下記の応募フォームより、簡単にできます。

 

HIAリトルスタークラス応募フォーム

 

ホリプロに子役オーディションはあるの?

子役のイラスト

残念ながら、ホリプロでは現在、子役になるためのオーディションも、実施されていません

 

しかし、赤ちゃんタレント(モデル)と同様に、HIAのジュニアクラスに所属することで、仕事がもらえる可能性、または将来的にホリプロに所属できる可能性があります。

実際に、活躍している子役もいます。

ただし、次の2点が赤ちゃんタレントとは異なります。

 

・オーディションがある。

・レッスンがある。

 

それぞれ、具体的に説明していきます。

オーディションがある

赤ちゃんタレントと違い、子役にオーディションが必要な理由は主に2つ考えられます。

 

・演技力、ルックスやスタイルを確認する必要がある。

・登録制にすると、人数が多すぎて、管理ができなくなる。

 

赤ちゃんタレントとは違い、子役になれば、演技が必要になってきます。

また、映像メディアに出演する以上、ルックスやスタイルを無視することは、できません。

よって、どうしても確認が必要になります。

 

しかし、それ以上に問題なのは、人数です

赤ちゃんタレントの括りは、0歳以上~3歳未満ですが、子役の括りは3歳以上~18歳未満となります。

つまり、子役の場合、年齢幅が一気に広がりますので、もし、登録制にしてしまうと、かなりのタレント数になり、管理ができなくなります。

ですので、オーディションをして、合格者を絞る必要があるのです。

 

ただし、オーディションと言っても、内容は書類審査→面接のみですので、決して難しいものではありません。

合格するチャンスは十分にあるオーディションと思ってください。

 

なお、下記の応募フォームより、書類審査の申込みができます。

 

HIAジュニア・ハイスクールクラス応募フォーム

レッスンがある

芸能界で、活躍するためには、常に成長が求められます。

今の芸能界では、子役だからといって、カワイイだけでは、仕事がもらえません

演技力や歌唱力など、何かしら秀でるものが必要です。

その秀でたものを見つけ、育てるためにレッスンが必要なのです。

 

レッスンがある以上、当然、授業料も発生します。

初年度が入学金も含め、30万円(+税)程度、2年目以降は20万円(+税)程度の費用がかかります。

 

とはいえ、費用に関しては、他の養成所と比べれば安い方です。

それでいて、大手芸能事務所だけあって、レッスン内容はしっかりしていますし、講師も実力派が揃っています。

本気で子役を目指すのであれば、妥当な金額と言えます。

 

ホリプロスカウトキャラバンから赤ちゃん・子役タレントになれる可能性はあるの?

 

「無料でホリプロからデビューする方法はないですか?」

 

できれば無料で、赤ちゃんタレントや子役として、ホリプロに所属したいと考えている人のために、ホリプロでおこなわれているオーディションから、赤ちゃんタレントや子役になれるのかを、確認していきます。

 

ホリプロで一番有名なオーディションと言えば、ホリプロスカウトキャラバンです。

深田恭子さん、石原さとみさん、小島瑠璃子さんなどグランプリを獲得した、多くの人が、現在でも活躍しています。

ホリプロスカウトキャラバンで、グランプリを獲得することができれば、将来活躍できる確率がグッと高くなります。

では、ホリプロスカウトキャラバンから、赤ちゃんタレントや子役になることはできるのでしょうか?

 

結論から言うと、赤ちゃんは応募条件を満たしませんので、なれません

子役に関しては、可能性はありますが、難しいでしょう

難しいと考えられる理由は次の2つです。

 

・倍率が桁外れ

・応募条件が毎年異なる

 

それぞれ、詳しく解説します。

倍率が桁外れ

過去のグランプリ獲得者の名前を見れば、分かる通り、ホリプロスカウトキャラバンで、グランプリを獲得することは、芸能界で活躍できる、大きなチャンスです。

よって、毎年かなりの応募があります。

具体的に、どのくらいかというと、直近5年の応募平均が、3万人を超えています。

グランプリは1名のみですので、倍率は3万倍を超えることになります。

 

3万人以上の中で、自分をアピールし、ライバルに打ち勝つことができる子どもは、なかなかいないと思います。

そうなると、グランプリを獲得することは、難しいと判断せざるをえないのです。

 

ただし、最近では、吉柳咲良さんが2016年第41回ホリプロスカウトキャラバンにて、12歳でグランプリを獲得した経緯もあります。

芸能界全体としても、こういったオーディションの、合格者の低年齢化が進んでいるのは、事実ですので、今後さらに年齢の低い子がグランプリを獲得する可能性はあるかもしれません

そういう点では、可能性がゼロとは言えません。

応募条件が毎年異なる

倍率が厳しいのはもちろんですが、そもそも、ホリプロスカウトキャラバンは応募条件が毎年異なります。

よって、応募条件次第では、応募すらできない場合があります。

例えば、近年の応募条件は次の通りです。

 

2016年→10歳~16歳の女性

2017年→中学3年生~22歳の男女

2018年→10歳~20歳の女性(外国人可)

 

2016年と2018年は10歳から応募可能でしたが、2017年は中学3年生でないと、応募できないことが、分かります。

大人と違い、子どもは、いつまでも子どもではいられません。

応募条件が合うのを待っていて、結局大人になるまで、条件が合わなかった、ということもあり得ます。

 

受けられるかどうか分からないオーディションを目標に、努力はできません。

つまり、ホリプロスカウトキャラバンは、目標にすべきではないオーディションなのです。

そうなると、準備をするのは非常に難しくなり、結果として、合格できる確率が下がってしまいます。

 

ですので、子役として、ホリプロスカウトキャラバンの、合格を目指すことは、あまりオススメできません

 

ホリプロの随時オーディションから赤ちゃん・子役タレントになれる可能性はあるの?

随時オーディションと聞くと、いつでも応募できるオーディションと、思うかもしれませんが、違います。

 

ホリプロでは、作品や企画ごとに、オーディションを実施する場合があります。

詳しい情報はホリプロのホームページに随時更新されます。

下記リンクを定期的に、ご確認ください。

 

ホリプロオーディション情報

 

では、随時オーディションから、赤ちゃんタレントや子役になることはできるのでしょうか?

結論としては、どちらも難しいでしょう

 

そもそも、募集が完全に不定期ですので、いつ募集があるのか、分かりません。

そして、企画ごとに募集条件も異なります。

よって、子役や赤ちゃんタレントの募集が、あるのかどうか、全く読めません。

 

赤ちゃんは、まだまだ体ができていませんので、すでに万全な状態を保つことは、できません。

よって、いつあるか分からないオーディションに標準を合わせることは、非常に難しいです。

一方、子どもは、目に見えない目標に向かって、努力することが苦手です。

よって、いつあるか分からないことに向かって、準備させることは、やはり難しいと思います。

 

このような理由から、オーディションに合格するのは、難しいと言えます。

 

とはいえ、募集があることはたしかですので、少しの可能性にでも賭けてみたい、と思うのであれば、受けてみても、良いと思います。

 

無料でホリプロの赤ちゃんタレント・子役になるのは難しい

ここまでの内容から分かると思いますが、赤ちゃんタレント・子役として、直接ホリプロに所属することは、かなり難しいです

本当に、所属をしたいのであれば、お金を払って、HIAに所属することが、一番です。

 

後は、街の中でスカウトされる可能性はありますが、こればかりはタイミングの問題ですので、確実性はありません。

されるか分からないスカウトのために、毎週のように子どもを、連れ回すのは、それこそ時間の無駄と言えます。

 

それならば、無料で所属できる芸能事務所を、他に探した方が、よっぽど良いです。

ただし、無料で所属できる事務所の場合、詐欺まがいなところもあるので、十分に注意してください。

 

まとめ

https://www.instagram.com/p/Br84A_jFDVC/?utm_source=ig_web_copy_link

今回は、ホリプロの赤ちゃんタレント・子役オーディション情報について解説していきました。

もう一度整理すると、

 

・ホリプロの赤ちゃんタレント・子役オーディションは現在実施されていない。

・赤ちゃんの場合は、HIAに登録することで、ホリプロから仕事を受けることができる。

・子役を希望の場合、HIAに所属し、レッスンを受けながら、仕事ができる。

・その他オーディションから、赤ちゃんタレント・子役になれる可能性はあるが、かなり難しい。

 

となります。

現状、ホリプロに赤ちゃんタレント・子役として所属することはかなり難しいことが、お分かりいただけたと思います。

本気でホリプロに所属したいと考えるのであれば、HIAに所属(登録)し、そこからホリプロへの所属を目指してみてください。

 

人気記事赤ちゃんモデルの事務所ランキング!時間をムダにしたくない人へ

 

  • この記事を書いた人

4t3bf3el3sekw

-養成所や事務所

Copyright© 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.