声優養成所

【声優になれる?】発達障害者向け声優養成所の探し方

「発達障害でも声優になれるの?」

「発達障害でも入れる声優養成所はある?」

と、思ってこの記事にたどり着いたあなた。

 

声優になりたいという強い気持ちがあっても、ご自身に障害があると不安になってしまいますよね。

 

不安に思っている事が少しでも解消できるように、この記事では。

・発達障害でも声優になれる?

・発達障害者の声優養成所の探し方

・発達障害受け入れ可能なスクール

 

これらを詳しく紹介します。

ご自身の症状と照らし合わせて読み進めてください。

 

発達障害でも声優になる事は可能?(条件つきでYES!)

結論から言います。

発達障害で声優になるのはかなり厳しい。

しかし、発達障害の種類、症状の重さ、自分の努力などによって症状をカバーできれば声優になる事は可能です。

 

なぜ、可能と断言できるかと言いますと、発達障害でもプロの声優になれた人がいるから!これにつきます。

また、超一流ハリウッド俳優でも発達障害を告白している人が何人かいます。

 

■声優

 石井マーク(ADHD・アスペルガー症候群)

■俳優

 トム・クルーズ(失読症)

 オーランド・ブルーム(失読症)

 

実際に活躍している人からの告白ってとっても勇気がもらえますよね。

 

残念ながら、石井マークさんは発達障害の告白と同時に休業に入ってしまいました。しかし、石井マークさんのWikipediaのページを見ると、出演欄には役の名前がずらーっと!

発達障害を持ちながらも、声優として活躍されていたことがわかります。

 

声優になる事は可能だとわかったところで、条件付き「YES」の意味を詳しく解説していきます。

 

声優として必要なスキルを確認しよう

まず、声優になるためにはどんなスキルが必要なのでしょうか。

 

■コミュニケーション能力

声優として最も必要なスキルはコミュニケーション能力といっても過言ではありません。

当たり前ですが、演技は人と人とのコミュニケーションで成り立っています。声優は自分の役の気持ちを理解し、その感情を声だけで表現しないといけないわけです。人の気持ちの勘が鋭い人ほど向いてると言えます。

 

■臨機応変な判断力

また、声優の世界には「マイクワーク」というものがあります。

スタジオには3、4本のマイクが置いてあり、自分の役が回ってきたら素早く空いてるマイクへと立ち回り収録します。自分の前後の役の台詞まで把握していないといけないし、その場に合わせた臨機応変な判断が求められます。

 

種類や度合いにもよりますが、一般的に発達障害の人が苦手とされているものが必要な世界と言えます。

厳しいようですが、これが現実です。

 

その苦手なスキル!訓練で克服できることもあります

ここまで読むと、「マイクワークもコミュニケーション能力も自信無いから、やっぱり無理か。」と思ってしまうと思いますが…。

 

ちょっと待ってください!

こういった社会適応能力はトレーニングで克服できるんです。

 

専門の病院に行くと症状を抑えるソーシャルスキルトレーニングというものがあります。

症状の軽い人なら、このスキルトレーニングで健常者と同じようになる事もあるそうです。現在、何の訓練もしてないという人は是非やりましょう!これらのトレーニングやサポートを受けると声優になれる可能性がぐっと上がると思います。

 

また、イベント情報サイトなどで発達障害者向けの講座を探す事もおススメです。

例を挙げるとこちら。

■ 発達障害者向け適切なコミュニケーション講座「声の使い方」

引用:こくちーずプロ

 

このように声のコミュニケーションに特化したものなどもあります。

 

これらの努力で症状がわからないくらいに抑えられたら、養成所の選択肢も増えますよね。まずは努力あるのみ!

また、これらのトレーニングはプロの声優になってからも役立つスキルが身につくのでかなりオススメです。

 

こくちーずプロの発達障害セミナー情報はこちらからチェック

こくちーずプロ「発達障害」セミナー・イベント情報

 

発達障害の人が声優養成所に通うにはどうしたらいいの?

では具体的に発達障害の方が声優養成所に通うにはどうしたらいいのでしょうか。

養成所に通う方法としては二つ。

①発達障害の症状が抑えられるようなら一般的な声優養成所へ通う

②発達障害者受け入れ可能な声優スクールへ通う

 

順にご説明します。

①発達障害の症状を抑えられるようなら一般的な養成所へ通う

大手の声優養成所やスクールの入所資格は「心身ともに健康な人」というのが基本。「通っていたのに、発達障害だと診断されたと告げたら辞めさせられた。」なんて話もあります。残酷ですが、現実です。

 

ですが、社会適応能力を身につけて発達障害とわからないのであれば申告する必要は無いですよね。

社会福祉士の方もこう言っています!

アスペルガー症候群だと伝えると辞めさせられたり入学させてもらえないようなので、病気のことを伝えないようにするのはどうでしょうか。

発達障害の方であっても、症状を抑えたり、ソーシャルスキルを身につけていくことで,特に問題なく,社会に適応していくことは可能ですし、じっくりと進めていきましょう

引用:ココオル「私は、声優を目指しています。養成所に通っていました。」

 

病院の訓練などで症状が抑えられるようなら、行きたい養成所を受けてみましょう。そこで声優を目指すのが声優になる一番の近道だと思います!

②発達障害受け入れ可能な声優スクールへ通う

それでも行動や言動で分かってしまい、隠しきれないそうだという人は発達障害者受け入れ可能なスクールへ通いましょう。

すごく少ないですが、いくつかご紹介しますね。

STONEψWINGSアクティングスクール

スクール名 STONEψWINGSアクティングスクール
所在地  東京都文京区後楽2丁目23-12(飯田橋駅・後楽園駅)
入学金 入学金 25,000円(税込)
レッスン費用 シアターゲーム&インプロヴァイゼイション(10,000円)
スタニスラフスキーマスターコース(10,000円)
アドヴァンスクラス(10,000円)
セレクションクラス(10,000円)
マイケル・チェーホフクラス(10,000円)

※全て月謝制

ホームページURL https://www.stone-wings.com/actingschool/index.html

 

こちらは演技レッスン専門スクールではありますが、声優志望者も受け入れいているそうです。あの有名な青二塾も「良い声優は良い俳優である」と言っているように、声優も最初は演技の土台を作る事が必要です。

 

公式ホームページには発達障害者については触れていないのですが、校長のアメブロにこのように書かれていました。

「コミュニケーション苦手という人や発達障害という人も受け入れています。」

引用:アメブロ「STONEψWINGSアクティングスクール【俳優・声優・タレント・モデル・一般対象の演技専門養成所】」

 

苦手なコミュニケーションも演技を学ぶ事でカバーする事ができそうですよね。私生活にも役立ちそうなスクールです。

気になる人は一度入所説明を受けてみてください!

テロメアクリエイト

スクール名 テロメアクリエイト
所在地 東京都渋谷区渋谷2-3-2 藤本ビル1F
費用

コースによって違います。詳しくは公式HP料金ページを参照(→公式HP「料金案内」

※注意※
沢山コースがあって「わからない?」という方は、内容コースの「カウンセリング」を選択して
見学(相談・要予約)に来てください。とのことです。

ホームページURL http://www.telomeregroup.com/music.html

 

こちらはボーカルスクールがメインのようですが、声優志望者向けのコースがかなり充実しているスクールになります。

こちらは公式HP上に、発達障害者へのコメントが記載されいています。

発達障害の方
※当スクールでは偏見などはありませんので、気になる方は早めにお知らせ下さい。

引用:テロメアクリエイト公式サイト

 

「偏見などはありませんので、気になる方は早めにお知らせ下さい。」と言っているので恐らく受け入れ可能かと思われます。気になる人は、一度相談してみてくださいね。

 

入所審査を受けられる状態になる事が声優への第一歩

発達障害者受け入れ可能なスクールを2つ紹介しましたが、その2つとも要相談という雰囲気ではあります。

 

まず、「発達障害者受け入れ可能」と大々的に言っている養成所やスクールはほぼありません。それが現実。

 

厳しい事を言うようですが、プロの世界を本気で目指しているのであれば、大手声優養成所の入所審査に受かるくらいに自分の苦手を克服している状態じゃないと難しいでしょう。

 

「発達障害者だけど受け入れてください。」というのは、周りが自分に合わせてくださいと言っているようなものですよね。考え方も少し変えてみましょう。健常者でもプロになる確率は低い厳しい世界です。

 

まずは、苦手を克服することが第一。専門の病院やセミナー、講座をたくさん受ければかなり可能性が上がります。

 

自分が発達障害者とわからないくらいに社会適応力を磨けば、自分が一番行きたい養成所やスクールに行けるんです!

まずは、そこを第一目標にして頑張ってみましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事をまとめると。

この記事のまとめ

①発達障害者でも種類、症状の重さ、自分の努力などによって症状をカバーできれば声優になる事は可能。
 
②声優の世界は一般的に発達障害の人が苦手とされているものが必要な世界。
 
③発達障害者受け入れ可能なスクールも探せばある。
 
④本気でプロになりたいのであれば専門機関で苦手を克服してから、一番行きたい養成所の入所試験を受けるべき。

 

発達障害者でも声優になれた人はいます。不可能ではありません。

しかし、健常者でも厳しい世界。「人の何十倍も何百倍も努力する!」という強い気持ちをもって頑張ってください。

 

何度も言いますが、可能性はゼロではありません。

発達障害者で声優になりたい人の希望となってやりましょう!

  • この記事を書いた人

4t3bf3el3sekw

-声優養成所

Copyright© 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.