養成所や事務所

ワタナベエンターテイメントカレッジの学費、口コミ、卒業生情報!

 

小さい頃からテレビと一緒に育った私たちですが、誰もが一度は芸能界に憧れたことがあるのではないでしょうか。

その夢を叶えられる方法の一つにワタナベエンターテイメントカレッジ(WEC)があります。

 

どうしたら芸能人になれるのか本気で調べた方は、すでに芸能プロダクションや芸能事務所に所属することでぐっと夢に近づくことをご存じですね。

数多い芸能事務所の中でも、『ナベプロ』と呼ばれているワタナベプロダクションは60年もの歴史を持つ大手芸能事務所です。

 

そのワタナベプロダクション系列の関連会社の一つがワタナベエンターテイメントです。なので、ワタナベエンターテインメントも決して疑わしい事務所ではありません。

 

そのグループに俳優、タレント、お笑い芸人、声優、ヴォーカルを育てるワタナベエンターテイメントカレッジがあります。全日制の専門スクールです。

 

では、ワタナベエンターテイメントカレッジを卒業したら芸能人になれるのか?
学費はいくらかかるのか?

 

夢を諦められない方々に少しでも力になれるよう、口コミなどの評判や現在活躍している卒業生の情報をご紹介します。

 

ワタナベエンターテイメントカレッジの学費は高い?

まず入学するためには学費が必要です。

そこで公式サイトで調べてみましたが金額はどこにも掲載されていません。経営上の考えでしょうか非公開のようです。

 

入学願書を提出後、手続き書類が送られてきて初めて学費をみてショックを受けることは避けたいですね。そこで口コミなどを参考に調べてみました。

 

入学金や諸経費などの詳細はわかりませんが、1年制で総額89万、98万、90万円という書き込みが多くみられました。選択コースにより違いもあるようです。

又2年制では、最高で約220万円の書き込みがありましたが、約200万円や約150万円の情報が多くみられましたので、幅はありますが大体150万~200万円以内と考えておくと安心です。

 

その中で気になったのは、オーディションの結果、特待生や○○賞などを受賞した方には学費の一部免除という声がとても多くありました。

1回のオーディションに特待生や○○賞を取る方がどのくらいの割合でいるか分かりませんが、一部では結構な人数を特待生や○○賞受賞と特別扱いすることで入校を促しているともいわれています。

 

その免除金は、人それぞれかなりの違いがあるようです。

約75万円、70万円、45万円、40万円が免除されるというのは珍しいことではないようです。その他3万~5万円程度は、ほとんどの人が免除されているという情報もありました。

特待生だからと言って全額免除されることはないようです。

 

学費は決して安くありません。

ですが、お金がないからとすぐ諦めなくても「学生サポート制度」が用意されており、日本政策金融公庫や教育ローン、新聞奨学生制度を利用することができます。

その他、WEC奨学金制度というものもあり、在学中の活動実績や出席率、成績、授業態度などを考慮、審査し選ばれると2年制全コースの2年目の学費が軽減される制度があります。

 

このようなことからオーディションで免除される結果が出たと浮かれる人も多いようですが、勘違いしないよう注意が必要です。

 

ワタナベエンターテイメントカレッジ口コミからわかる学校生活

入学試験やオーディションと聞いて心配される方もいると思いますが合格率はかなり高いです。口コミを調べてみました。

「ワタナベカレッジに落ちる人は滅多に居ないのです。」

「入学試験免除と特別奨学金は、その気にさせる為の割引みたいなものです。」

「オーディション受かっても事務所ではなくカレッジの合格です。」

「養成所担当の方々にはノルマがあります(定員割れさせない&空いているコースを埋める)」

「生徒集めですからセンスや魅力がなくても合格にしてしまう」

など入学することは簡単なようですが、残念ながらあまり良い評判はありません。

 

オーディションと聞き、事務所オーディションと勘違いされる方も多いようですが、このオーディションはあくまでも養成所に入るためのオーディションです。

 

倍率が非常に高くて難しいと聞いた方は、ワタナベエンターテイメントのオーディション、もしくは特待生や新人発掘オーディションで、グランプリを取ればそのまま事務所に所属できるなど才能のある人材を選ぶオーディションですからそれとはお間違いのないようご注意ください。

 

では、比較的簡単に入学した後はどうなるのでしょう。

「異常に就職内定率の悪い専門学校」

「人数がものすごく多いので、1人1人をそこまで面倒みてくれません。」

「入った時点で『事務所の商品』と言われ、商品として扱われます」

「課程終了後の公開オーディションでは無名事務所からしか声が掛からない」

「有名な事務所の方々は、養成所で学んだのにその事務所から声が掛からない人を取る意味は薄いと」

と厳しい書き込みが多いです。

この事から分かるように、1、2年の短期間でチャンスをつかむ人になるのは簡単なことではありません。経験もない、知識もない、自信もない自分を大勢の前に出て堂々とアピールできる自分に変えられますか?

 

年に6回行われる審査会で順位が付けられます。努力をしなければ評価はあがりません。審査会で審査基準をクリアしなければ本格的な稽古すらスタートできません。

 

ですが、厳しい反面こんな書き込みもありました。

「沢山の関係者と繋がりがあるので業界のさまざま人に見てもらえる」

「他の事務所に比べ、大手なだけに芸能界に近い繋がりを持っている」

「社長の目にとまれば、途中からは事務所に所属もありえます」

「私はそこに通っていますが、とても信頼できるところです。」

で結局は、自分の努力次第だということのようです。

総合すると、入学しても芸能界デビューできる確率は非常に低いというのが現実のようです。但し、決してチャンスがない訳ではありません。むしろ入学することで芸能界に1歩近づくことは確かなようです。

 

ワタナベエンターテイメントカレッジの卒業生にはどんな人がいるの?

では、卒業し芸能界で活躍されている方をご紹介します。

 

卒業生を調べるとイモトアヤコさんやハライチさんが出てきますが、お笑い芸人はワタナベコメディスクールの卒業生です。

正直ワタナベエンターテイメントカレッジの卒業生で活躍されている方はあまり多くありません。

 

ブルゾンちえみ

引用:ブルゾンちえみの現在最新!消えた理由と干された原因まとめ2019

生年月日:1990年8月3日

出身地:岡山県岡山市

出身校:岡山県立岡山大安寺高等学校卒業後、

    島根大学教育学部入学するも3年で中退。

所属事務所:ワタナベエンターテイメント

 

大学中退後 岡山の劇団で活動し大阪の音楽専門学校に進み大阪で歌の活動を始める。その後、ワタナベエンターテイメントカレッジ、バラエティータレントコースに入学。

2015年に卒業しワタナベエンターテイメントに所属 カレッジを卒業しているがスクール21期生と同期扱いとなり一部の資料にはワタナベエンターテイメントスクール卒業となっています。

2017年、キャリアウーマン35億♪のネタでブレイク  

ドラマ「人は見た目が100%」にも出演

現在 お笑いタレントとして活躍中 

 

中村昌也

引用:中村昌也 再婚した矢口真里を祝福…「素直に、おめでとうございます」

生年月日 1986年4月30日

出身地 大阪府大阪市

出身校 東住吉工業高校中退

所属事務所 ワタナベエンターテイメント

 

2007年 ドラマ「パズル」で俳優としてデビュー

2011年5月 タレント矢口真理と結婚 2013年5月離婚

現在 俳優、タレントとして活躍中

 

陳内将

引用:陳内将さん独占インタビュー│沼落ち5秒前!俳優編【画像多数】の画像

生年月日 1988年1月6日

出身地 熊本県上天草市

出身校 熊本県立宇土高等学校 福岡の大学進学(大学名は非公開)

所属事務所  ワタナベエンターテイメント

 

2008年、ワタナベエンターテイメントカレッジ在学中 D‐BOYSの舞台「ラストゲーム~最後の早慶戦~」に出演

2009年、男性俳優集団D2の結成メンバーとなる。

2012年「特命戦隊ゴーバスターズ」にてレギュラー出演

その後も俳優、タレントとして活躍中 

 

山田裕貴

引用:『なつぞら』山田裕貴、映画館での行動に「やべえやつ」とツッコミの声

生年月日 1990年9月18日

出身地 愛知県名古屋市

出身校 東邦高校卒業

所属事務所 ワタナベエンターテイメント

 

2010年、男性俳優集団D2およびD-BOYSのメンバーとなる。 

2011年、「海賊戦隊ゴーカイジャー」で俳優デビュー。俳優、タレントで活躍中。

最近ではNHK連続テレビドラマ小説「なつぞら」に出演中。

父は広島東洋カープの山田和利さんです。

 

宮崎秋人

引用:宮崎秋人の炎上や兄弟が気になる!彼女や大学もチェック! 

生年月日  1990年9月3日

出身地 東京都

出身校 非公開(都内の高校 大学進学せず)

所属事務所 ワタナベエンターテイメント

 

ワタナベエンターテイメント若手育成グループ「p.o.t challenge」を経て2015年D-BOYの一員になる松田凌、北村諒と3人でユニット「UnknkwnNumber」が歌手デビューしている

現在、主に舞台で活躍中

 

上杉あずさ

引用:【亥チ押しガール(4)】球速100キロ!“鷹ガール”上杉あずさ、野球取材に奮闘中

生年月日 1990年8月7日

出身地 福岡県うきは市

出身校 藤蔭高等学校 長崎大学環境科学部

所属事務所 ワタナベエンターテイメント九州事業本部

 

女性ローカルタレント ラジオパーソナリティ スポーツライターとして活躍中

 

まとめ

ワタナベエンターテイメントカレッジの生徒の中には、途中で挫折する人も多いようですが、まだ名前は売れていなくても舞台やエキストラなど日々努力している人もいます。

ワタナベエンターテイメントカレッジは、整った設備と優秀な講師、たくさんの充実したレッスン、地方の人の為に食事付きの学生寮などが揃った恵まれた環境です。

努力次第でデビューのチャンスにチャレンジできます。

 

  • この記事を書いた人

4t3bf3el3sekw

-養成所や事務所

Copyright© 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.