養成所や事務所

ソニーミュージックの倍率、応募方法、オーディション内容を解説!

「土屋太鳳のように透明感のある女性になりたい」

「西野カナのようなたくさんの心を掴むアーティストになりたい」

「二階堂ふみのように幅広い演技をしたい」

 

この3人に共通すること。それは

「ソニーミュージック」

に所属していることです。

 

ソニーミュージックは名前だけ聞くとアーティストだけと思いがちですが、女優やモデルなど多くの方が所属しています。

そのためオーディションが開催されたら応募してみたい人はたくさんいるはずです。

 

今回はそんなみなさんのためにソニーミュージックにフォーカスして

倍率応募方法オーディション内容などを紹介していきます。

ぜひ最後までお付き合いください。

 

ソニーミュージックの倍率はどのくらい?

 

では早速気になる倍率から見ていきましょう。

ソニーミュージックでは毎年様々なオーディションを開催していて、決まってひとつのテーマではなく毎度違うテーマで募集するのが特徴です。

 

オーディションはソニーミュージックアーティスツとソニーミュージックエンターテインメントが行っていますが、ソニーミュージックエンターテインメントは応募人数など公開されていません。

 

ですので、ソニーミュージックアーティスツの過去のオーディションから倍率を見ていきましょう。

SMA TEENS AUDITION 『HuAHuA』2013

まずは2013年に開催された「SMA TEENS AUDITION HuAHuA 2013」

 

このオーディションは「倉科カナ」「橋本愛」を発掘した、いわば「ソニーミュージックの登竜門」と言えるオーディションで、2013年には9107通の応募が集まりました。

 

 

オーディションのスタッフブログによると、二次審査に進んだのはおよそ800人で、ファイナルプレゼンテーションに進むことができたのは14人だそうです。この14人からアイドルグループ「アイドルネッサンス」の候補生13人が選ばれました。

 

その後候補生として歌やダンスのレッスン、YouTube番組に出演などをして経験を積んだのち、10人に絞られました。最後は投票とスタッフの評価により7人の正式メンバーとなりました。

 

つまり、このオーディションでは9107人から最終的に選ばれたのは7人なのです。応募総数から見るとその倍率1301倍ということになります。かなり厳しい倍率だということが見てとれますよね。

 

しかもこれは2013年のオーディションのデータなので、現在ではもっと多くの応募者がいることが容易に想像できますよね。ですので、この手のオーディションは現在だと1500倍を超える倍率と思っておいていいでしょう。

 

LINE オーディション 2014

2014年にはLINEとソニーミュージックの共同主催でオーディションが行われました。

その特徴はなんといってもLINEアプリで応募できること。

 

引用:ソニーミュージック公式HP

 

LINEはスマートフォンユーザーならおそらく誰もが使用している無料のトークアプリですよね。もちろん私も愛用しています。

 

その応募の手軽さや特に若い世代に注目されやすかったこともあり、応募総数は驚きの125094組!!10万超えですよ!やばすぎますね(語彙力)

このとんでもない応募総数はソニーミュージック史上最多でソニーミュージックだけでなく国内のオーディションでも最大級となりました。

 

このオーディションでは一次審査を通過できたのは1195組でした。数字だけ見ると一次審査をこれだけ通過できるのは多いように思えますが、応募総数から考えるとすでに相当数落選しているのがわかります。

 

その後、LINEのビデオ通話機能を使って行われる「動画通話審査」、審査員の前で歌唱と面接を行う「対面審査」が行われ40組が残りました。

 

ビデオ通話を使って審査を行うなんて斬新ですし、アプリを使ってオーディションを行うことで応募するハードルも下がると思うのでナイスアイデアですね。

 

ここからはLINEユーザーによる投票で最終選考を行う8組が選ばれました。最終選考までの倍率を見てみるとおよそ15000倍です。もうグランプリが決まっていてもおかしくない倍率ですよね(笑)

 

そして最後は決勝審査にて「足立佳奈」さんが選ばれました。これだけの応募総数で選ばれたのは1人だけなので足立さんは言葉にならないくらい嬉しかったと思います。

 

足立さんといえばSNSで注目を浴びた15秒ソングが有名ですよね。透き通るような歌声とほっこりする歌詞でたった15秒なのに満足してしまう、その世界観を作るのはさすがグランプリに輝いた逸材ですね。

 

応募方法をチェック!

 

応募方法ですが、ソニーミュージックでは様々なオーディションが行われているため、応募方法は各オーディションごとに多少違ってきますが、基本的には同じです。

そこでソニーミュージックエンターテインメント、ソニーミュージックアーティスツで定期的に行われているオーディションの応募方法を紹介します。

応募は郵送WEB2種類に分かれています。それぞれ見ていきましょう。

 

郵送

応募用紙をダウンロードしてプリントします。その後必要事項を記入して郵送します。この時写真の同封をお忘れなく。また、音源を提出する方はCDやDVDなどの同封も忘れないようにしましょう。

WEB

公式サイトから応募フォームを開き、必要事項を記入します。この時写真や音源ファイルをアップロードします。そして入力内容を確認後、応募します。

 

他のオーディションではWEBのみなど違いはありますが、基本的には上記のような応募方法になるので応募を検討している方は参考にしてみてください。

倍率の見出しで話したようなLINEオーディションなど、コラボで開催されるオーディションは応募方法が大きく変わってくる場合があるので詳しくは公式サイトを要チェックです。

ソニーミュージックエンターテインメント 公式サイト

ソニーミュージックアーティスツ 公式サイト

 

気になるオーディション内容とは?

 

ソニーミュージックでは色々なオーディションが開催されていますが、基本的にオーディション内容や流れは似たものになります。

大まかな流れとしては

一次審査二次審査最終審査

のようになります。

 

ですが、各オーディションで内容は変わってくるので今回はソニーミュージックアーティスツで毎月開催されている

「SMAマンスリーオーディション」

のオーディション内容を紹介します。

SMAマンスリーオーディション

SMAマンスリーオーディションはソニーミュージックアーティスツが毎月行っているオーディションです。

 

毎月行っているので募集期間にとらわれず、いつでも気軽に応募できるのが魅力です。その反面いつでも募集しているため必ずしも合格者を出すとは限りません。

 

つまり応募してきた人の中に事務所が欲するような人がいなければ誰も合格せずに終わるということです。そのため、ある意味不定期開催の大規模なオーディションよりも厳しいかもしれません。

一次審査

https://twitter.com/nozonico_love/status/742660425427210240

 

一次審査は書類審査になります。年に1回のような大規模なオーディションではないため、1万人を超える応募人数は考えにくいですが、アーティストや役者を目指す人は多いのでそれなりの人数が集まると考えられます。

 

書類審査では「いかに審査側の目に留まることができるか」が大事になってきます。

ですので、書類審査を通過するために写真自己PRに力を入れましょう。

 

写真では上半身と全身の2枚を用意するのですが、可能であればスマホ等を使って自分で撮らずにカメラマンに撮影してもらいましょう。

撮る場所としては屋内よりも屋外の方がおすすめです。屋内だとどうしても蛍光灯など自然な光じゃない環境になってしまうからです。自然な光を取り込めるのであれば晴れた日の屋内でもいいでしょう。

少しでも容姿をよく見せたいと斜め上などから撮りたくなるかもしれませんが、これはNG行為です。必ず正面から撮影しましょう。

 

自己PRではしっかりと自分を売り込みましょう。よく自己PRでは「私は〇〇が得意です」と書きがちですが、これだと少し物足りず自己紹介してるだけだと感じる人もいるかもしれません。そこで「私は〇〇が得意で、これを活かして〇〇ができます」と自分の可能性を示してあげると好印象に繋がると思います。

 

また自身の曲があると音源の提出ができるので、アーティストを目指しているのであれば自分の声を聞いてもらうチャンスです。自分のベストな曲を提出しましょう。

二次審査

https://twitter.com/sma_audition/status/1150972112024117250

 

二次審査では面接を行います。一次審査では審査側が、「この人気になるな」「直接話しをしてみたい」と思ったら通過することがありますが、ここから合格する確率ガクッと落ちます。

 

面接グループで行われ、内容は書類の内容を元にした質疑応答自己PR歌唱力審査などです。

 

質疑応答では「特技を披露して」と言われることがあるようなので、書類に書いた特技は披露できるようにしておきましょう。

書類に特技なしと書いて面接中に自分に話が振られなかったという人もいるみたいなので特技はしっかり用意しておきましょう。

 

二次審査の時期がHuAHuAなど他の大規模なオーディションと重なる時があり、その時は同時に二次審査が行われます。

「え?私マンスリー受けたのに他のオーディションと一緒?」と思うかもしれませんが、結局事務所が欲する人でなければ受かることはありませんので同じです。

 

またこの時台本が渡されて簡単な演技の審査を行うことがあります。役者を目指してないからといって、適当にやらずにその時できる自分の精一杯を発揮しましょう。

最終審査

最終審査では二次審査のような内容をもう少し踏み込んで行います。

二次審査ではその様子をカメラで撮影していて、最終審査に進むと本社の方で撮った内容に合わせて再び審査されます。

 

二次で聞かれたことを詳しく聞かれたりしました。
あとは事務所に入ったらやりたいこととか、
他の特技があったら見せてとか。
とにかく自己アピールをいっぱいしてくださいって
面接の前に言われたので、
恥ずかしいとか思わないで頑張りました(笑)

引用:キャスフィ

 

上記のように詳しく聞かれるようです。ここまで進める人はほんとに少ないので、ラストチャンスと考え自分の思いの丈をしっかり審査側にぶつけましょう。

必ず合格者が出ないのでその時その時で変わってくると思いますが、二次審査を通過できたのは2人だったという情報がありました。数少ない二次審査通過者になれたらなんとしてでも受かりたいですよね!

 

ソニーミュージックはオーディションがいっぱい!

 

ソニーミュージックでは毎年色々なオーディションを開催しています。

そんな中で今回はこの記事を書いた2019年11月現在に開催されている・受付は終わったが現在進行形で選考されているオーディションをいくつか紹介します。

今後ソニーミュージックのオーディションを受けてみたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ソニー・ミュージックアーティスツ SMA ティーンズオーディションHuAHuA 2019

 

引用:ソニーミュージックアーティスツ

 

タイトルが長いですが、倍率のところでお話ししたHuAHuAの2019年バージョンです。こちらは6月に受付が終了しています。

 

女優・モデル・シンガーなど幅広く募集しています。タイトル通り10代を中心としたオーディションなので相当な応募人数が集まったのではないでしょうか。2013年で1万人近くの応募ですからね、正直こわいですね(笑)

 

このオーディションの特徴は書類審査を通過した後に行われる二次審査全国の主要都市で開催されたということです。もうお分かりですよね。そうです、オーディションのために東京に足を運ぶ必要がないため、受けやすいんです。

 

倍率は高くなりそうですが、地方在住で遠方にオーディションを受けに行くのはお金がかかるから、と親に止められてる人もいるのではないでしょうか。そういった方には全国の主要都市で開催というのは助かりますよね。

 

HuAHuAは現在活躍されている人気女優たちを生み出しているので年々激しい争いが予想されますね。

東北地区 学生No.1 オーディション 2019

引用:ソニーミュージックエンターテインメント

 

こちらのオーディションは文字通り東北一の子を探すというソニーミュージックエンターテインメント主催のオーディションです。

なんといってもおもしろいのが、他薦もアリなところ。

 

「〇〇君かっこいいと思います」「〇〇ちゃんめっちゃ可愛くないですか」

といった感じで応募が可能なんです。

 

しかもグランプリになると選ばれた本人はもちろん、推薦した人にも賞金が渡るという嬉しい特典つき。

 

ですので、正直軽い気持ちで受けてもいいんじゃないかなと思います。また結果がどうであれ、このオーディションに応募したことをきっかけに本格的に芸能界を目指すなんてことになるかもしれません。

気になったらぜひ応募してみましょう。

ソニー・ミュージックアーティスツ 声優オーディション Anistoteles vol.8

引用:ソニーミュージックアーティスツ

 

こちらはソニーミュージックアーティスツ主催の声優やアニメソングシンガーなどアニメ作品に関わりたい人に向けたオーディションです。

 

今や声優は声だけでなく歌を歌ったり、グッズが販売されたりとその仕事も多様化してきており、志す人も多い職種ですよね。

このオーディションはすでに受付を終了していますが、vol.8なのでこの先も開催されていくでしょう。

 

声優を目指す方はボイスを録音して提出します。ちなみにその課題セリフは

 

女性

「よーし!ここはワタシに任せなさい!あっという間に終わらせてあげるわ!さあ、かかってきなさい魔物ども!絶対負けないんだから!!ムーンライト・エクスプロージョン!!!」

引用:ソニーミュージックアーティスツ

 

男性

「俺は絶対にあきらめない!世界を救うためなら、ロボットでもドラゴンでも乗ってやるよ!!来い!シャイ二ング・エクスプロージョン!!!」

引用:ソニーミュージックアーティスツ

 

このようになっています。

どちらも感情的で力強いセリフですよね。素人の私がやると感情が弱いセリフになりそうです(笑)

 

声優もなかなか倍率が高いと思いますが、夢のある職種だと思うので今後のアニストテレスに注目です!

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事をまとめると

1.ソニーミュージックは SMESMAに分かれている

2.倍率1000倍を超えLINEなどを使った気軽に応募できるオーディション10000倍に達することもある

3.応募方法WEBから応募か応募用紙をプリントして郵送する2種類がある

4.オーディション内容は基本的に、一次審査(書類)、二次審査(面接)、最終審査(演技や質疑応答など)が行われる

5.ソニーミュージックでは、女優・モデル・声優など幅広くオーディションを行っている

このようになります。

 

ソニーミュージックの登竜門と呼ばれるHuAHuAをはじめ、毎月開催されるマンスリーオーディションなど実に多様なオーディションが毎年開催されています。

 

随時公式サイトをチェックしてオーディション情報を集め、自分が「これだ!」と思えるオーディションにぜひ挑戦してみてください。

  • この記事を書いた人

4t3bf3el3sekw

-養成所や事務所

Copyright© 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.