養成所や事務所

ケイダッシュオーディションの応募方法・内容・倍率を徹底解説

渡辺謙・高橋克典・伊原 剛志など超有名俳優陣が所属する「ケイダッシュ」。

オードリー・スザンヌ・原口あきまさなどバラエティで大活躍の芸人やタレントが所属する「ケイダッシュステージ」。

 

ケイダッシュグループの中でも有名な二大事務所です。

どちらの事務所も所属希望者が多いですね。

 

「よし!オーディションを受けよう!」とウェブで検索したところ。

 

「ケイダッシュ オーディション」で調べるとケイダッシュステージのオーディション情報がちらほら。

「ケイダッシュステージ オーディション」で調べるとケイダッシュのオーディション情報がちらほら。

 

「これはどっちの情報なの?!」と戸惑っているあなたのために!

ここでは、ケイダッシュ・ケイダッシュステージそれぞれのオーディション情報に分けて紹介していきます!

 

ケイダッシュグループとは?

ケイダッシュグループとは9つのグループ会社から構成されています。

 

企業理念は

音楽、ドラマ、バラエティと、すべてのジャンルでトップを取り、なおかつそれぞれがリンクできる、エンターテインメントの総合商社」。

 

各ジャンルによって専門する会社に分かれています。

会社名 カテゴリー 主な所属者
ケイダッシュ 俳優 渡辺謙・高橋克典・伊原 剛志・南野 陽子
ケイダッシュステージ お笑い芸人・タレント オードリー・スザンヌ・原口あきまさ
ケイパーク 俳優・タレント 渡辺大・上西小百合
アワーソングス アーティスト・タレント Baby Boo・小林俊太郎・真空ホロウ
田辺音楽出版 作家・アーティスト 浅野裕子・伊藤俊吾・藤田恵美
アワーソングスクリエイティブ 音楽アーティスト・タレント 吉田照美・山田優・山田親太朗
ピーチ モデル・タレント 平祐奈・千葉彩乃
パール モデル 押切もえ・蛯原友里
パールダッシュ PR会社・文化人 書家や美容家など

 

ここでは、ケイダッシュのオーディションということなので、

・俳優部門の「ケイダッシュ

・お笑い芸人・タレント部門の「ケイダッシュステージ

この2つを紹介していきます。

 

ケイダッシュのオーディション

ケイダッシュは、渡辺謙、高橋克典、坂口憲ニ、伊原剛志、永井大などが所属。

超がつくほど有名な俳優が所属しているプロダクションです。

 

大手芸能事務所ですが、オーディションの情報はほとんど聞きません。

どのようにして募集しているのか気になりますね!

応募方法とオーディション内容について見ていきましょう!

応募方法

まず大前提として。

グループの頂点とも言えるケイダッシュでは、新人募集オーディションは行っていません。

スカウトもしていないそうです。

 

「では、どうやって所属するの?」と思いますよね。

そんな方のために!所属の可能性のあるものをいくつか紹介します!

①ダメ元で履歴書送付

新人オーディションは行っていませんが、

過去に送られてきた書類の中から目に留まって面接に至ったケースはあるそうです。

 

希望者はダメ元で応募してみましょう!

参考までに、郵送の際は一般的に下記2~3点を送ります。

・履歴書

・写真(顔と全身がわかるもの)

・未成年の場合はは捺印有り保護者同意書

 

書類が用意できたら、事務所宛に送付します。

郵送先

〒150-0011

東京都渋谷区東2-17-10岡本LKビル5F

株式会社ケイダッシュ宛

 

基本は一般公募をしていないところに、書類を送るわけですから、

より「会ってみたい」と思わせるような写真と履歴書になるよう工夫しましょう。

何事も挑戦です!連絡が来ると良いですね!

②業界内からの紹介

ケイダッシュ所属で一番可能性が高いのがこれではないでしょうか。

業界内からの紹介では、数名所属に至った前例があるそうです。

 

現在、所属している有名俳優も既に芸能活動をしていた状態での所属という方が多いです。

③「Deview」の特別オーディション

まずオーディション情報サイト「Deview」とは?

≪「Deview」とは≫

引用:Deview

・俳優・モデル・歌手・アイドル・声優など幅広いジャンルのオーディション情報サイト。

・ワタナベエンターテインメントやフラーム、東宝芸能など最大手プロダクションのオーディション情報を掲載

・オーディションに応募するためには有料の会員登録が必要

(→公式サイトはこちら

 

オーディションメディア36年という歴史のある情報サイトです。

このサイトから芸能人になった人も多いです。

 

この「Deview」が主催するオーディションで、「特別オーディション」というものがあります。

「特別オーディション」の特徴を簡単に。

≪Deview特別オーディションの特徴≫

・100社以上の芸能プロダクションが一斉に新人募集

・通常はオーディションを行っていない事務所も参加

・サイトに会員登録していれば複数の事務所に応募することが可能

 

なんと!

一般公募を行わないケイダッシュですが、過去、この特別オーディションには参加していたようです。

残念ながら、ケイダッシュが参加していたのは2015年までです。

現在は参加していません。

 

しかし、またいつ参加するかわからないですよね!

過去に参加していた実績があるので、所属を希望する人は「Deview」の特別オーディションを随時チェックすると良いでしょう。

 

POINT

ケイダッシュでは無いのですが、

あの蒼井優もDeviewの「夏の特別オーディション」で現在の事務所に所属することになったそうです。

俳優を目指すならDeviewの特別オーディションは随時チェックする価値はありそうですね!

オーディション内容

残念ながらオーディション自体を行っていないので選考内容についてハッキリした事はわかりません。

 

しかし、オーディションの流れはどこの事務所もだいたい同じです。

ここでは一般的な俳優オーディションの内容について確認していきましょう。

 

≪一般的な俳優オーディションの流れ≫

一次審査・・・書類選考

二次審査・・・実技審査

最終審査・・・面接

 

一般的に実技審査では自己PR、演技審査、エチュード(即興芝居)審査、質疑応答などが組み込まれます。

また、最終審査では面接で人柄や礼儀の正しさなどがチェックされます。

 

ケイダッシュは合格後、レッスンよりも現場で仕事を学ばせるそうです。

「いける!」と判断されればデビューに向けてプロモート開始。という流れになります。

 

POINT

ケイダッシュの求める人物像は「何事に対しても貪欲に取り組める根性と華のある人」とのことです。

求める人物像を意識しながらオーディションに臨めるといいですね!

 

ケイダッシュステージのオーディション

ケイダッシュステージは、オードリー、スザンヌ、原口あきまさ、はなわが所属。

お笑い芸人や女性タレントに特化したプロダクションになります。

 

こちらも応募方法とオーディション内容について紹介します!

・応募方法

俳優部門のケイダッシュと比べてケイダッシュステージはオーディションに積極的です。

 

では、どのようにして募集しているのでしょうか。

順に見ていきましょう。

公式サイトから随時募集オーディションに応募

ケイダッシュステージは公式サイトから随時新人募集をしています。

 

種類は5種類。

①女性バラエティータレント

②“ケンミン”女性タレント発掘プロジェクト

③「男装してみたい!」女性タレント

④ものまねタレント

⑤お笑い芸人

 

①~④は郵送での応募。⑤のお笑い芸人のみ日時指定のネタ見せに参加になります。

 

郵送での応募は履歴書、写真の2点の他に、自己アピール動画や音源などを送付します。

実際応募する際は公式サイトにとんで応募資格・必要書類などの詳細をチェックしてくださいね!

 

(→ケイダッシュステージオーディション情報(公式サイト)

「Deview」の特別オーディションに応募

先ほどケイダッシュの応募方法で「Deview」の「特別オーディション」について説明しました。

 

ケイダッシュステージはオーディションサイト「Deview」が主催する「特別オーディション」に参加することがあります。

 

2018年は

「夏の特別オーディション」

「冬の特別オーディション」

 

2019年は

「夏の特別オーディション」

「25歳以上でもOK! 新人オーディション」

 

に参加しています。

だいたい年に2回程度。オーディションを選んで参加しているようです。

 

ケイダッシュステージに所属希望の方も随時「Deview」の特別オーディションをチェックしましょう!

・オーディション内容

オーディション内容ですが「女性タレント部門」と「お笑い芸人部門」で少し違います。

それぞれ紹介していきます。

女性タレント部門オーディション内容

残念ながらケイダッシュ同様、オーディションの詳細は不明です。

ですので、一般的なオーディションの流れとケイダッシュステージの特色に沿って見ていきましょう。

 

まず一般的な芸能オーディションの流れがこちら。

一次審査・・・書類選考

二次審査・・・実技審査

最終審査・・・面接

 

気になる実技審査ですが、恐らく自己紹介・自己PR・特技披露・質疑応答という内容になると思われます。

 

ケイダッシュステージはバラエティ色が強いプロダクションです。

ですので自己PR・特技披露でしっかり印象付けましょう!

 

POINT

さらに、質疑応答でトークの対応力をアピールできると良いと思います!

お笑い芸人部門オーディション内容

ケイダッシュステージの芸人のオーディションは書類審査がありません。

いきなりネタ見せに参加となります。

 

≪オーディションの流れ≫

 ネタ見せ

   ↓

 合格者はケイダッシュ主催ライブに出演

 

ネタ見せは、基本的に、毎月第2木曜日・第3水曜日・第4月曜日に実施。

3分以内のネタを披露します。

 

ここで合格するとケイダッシュ主催のライブに出演する事になります。

 

ここで注意!

ネタ見せ合格が所属という事ではありません。

 

合格者が出演するケイダッシュ主催のライブにはランク付けがされています。

・ゴールドライブ (上)

・シルバーライブ (中)

・ブロンズライブ (下)

 

まずは一番下のランク「ブロンズライブ」に出演します。

そこで上位になれば、次は「シルバーライブ」に出演。

「シルバーライブ」で上位になれば「ゴールドライブ」に出演。

と順位付けをされながら、この3つのライブを行き来するそうです。

 

ここで、「ゴールドライブ」で一位をとったり、「ゴールドライブ」にしばらく残れると所属の可能性が出てくるというしくみです。

 

後にケイダッシュステージ所属となりますが、

この時点ではフリーの芸人だった「キズマシーン」のリアルなツイートをご紹介。

 

芸人さんも所属までは「ゴールドライブ」からランクを落とさないようにヒヤヒヤものですね!

 

POINT

ネタ見せに合格したからといってすぐ所属できるわけではありません!

上位ランクの「ゴールドライブ」で結果を残しましょう!

 

ケイダッシュステージの倍率

ケイダッシュステージは大型の公式オーディションを開催しているわけではないので、正確な応募者数、合格者数が不明のため倍率の数値化は難しいです。

 

しかし、そもそも芸能オーディションには何百、何千もの応募があります。

それに加え、オーディションに積極的な印象のケイダッシュステージ。

 

過去には「ケイダッシュステージ×JOYSOUNDオーディション」というカラオケボックスから簡単に動画を送って応募できるオーディションというものまで開催しています。

 

カラオケで一般公募するほど応募者ウェルカムなケイダッシュステージですから、応募者総数を考えると倍率はさらに高いことが予想できますね。

 

POINT

他の事務所との共同オーディションになりますが、

過去に「ネクステ×ケイダッシュオーディション」という2つの事務所共同のオーディションが開催されました。

 

その際に審査員が「オーディションの応募者は1000人以上」と言っていたそうです。

 

現在ケイダッシュグループでは行っていませんが、大型のオーディションを開催するとなると

倍率は1000倍か、それ以上になるのではないでしょうか。

倍率のご参考までに。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

バラエティ部門のケイダッシュステージは常に新人募集をしています。

オーディション開催にも積極的なので受けたいと思ったタイミングで挑戦できそうですね。

 

対照的に、俳優部門のケイダッシュは一般の状態からの所属は難しそうです。

ケイダッシュは基本「新人募集なし」「一般公募なし」の姿勢ですが、

過去、新人オーディションが全く無かったというわけでもありません。

 

今後も「Deview」経由でなら新人発掘オーディションに参加することもあるかもしれません。

所属を希望する人はアンテナをはって情報を見逃さないようにしましょう!

 

  • この記事を書いた人

4t3bf3el3sekw

-養成所や事務所

Copyright© 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.