養成所や事務所

ステッカーのオーディションに応募する方法と倍率・内容を解説!

ステッカーとは、元々は松竹芸能に所属していた松嶋尚美が独立をして、2007年に個人事務所として立ち上げたのが始まりです。

 

しかし、個人事務所からスタートしましたが、2009年よりタレント・声優の上田愛美(元チェキッ娘)や笑福亭鶴瓶の息子駿河太郎も所属し、そこからスカウトを中心に若手タレントを発掘・育成・マネージメントして少しずつ所属する人が増えていっています。

 

そんなステッカーに対して、

「オーディションはやっていないのかな?」

「ステッカーのオーディションはどうやって受けるの?」

「応募したら合格できる確率ってどれぐらい?」

「オーディションの内容はどんなことをするのかな?」

 

など疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ステッカーのオーディションに対する疑問にお答えする形で、応募方法や倍率についてご紹介したいと思います。

 

ステッカーに入るには2つの方法があります。

まずは、どうやってオーディションを受けることができるのかをご紹介したいと思います。

 

方法は2つあります。

1、ステッカーの事務所に申し込んで応募する方法

2、オーディション情報サイトから応募する方法

 

主催者はステッカーで同じなのですが、申し込む方法が違うので

それぞれについて詳しく説明をしていきますね。

ステッカーの事務所に申し込んで応募する方法

ステッカーのサイトよりオーディションに応募して合格を目指す方法です。株式会社ステッカーと入力しないとステッカーのサイトは出てきませんのでご注意ください。

 

ステッカーでは、俳優、お笑いタレント、マルチタレント・・・など、ジャンルを問わず応募書類を受け付けています。

必ず郵送にて応募申し込みを行う必要がありますが、郵送にて応募をすると「面接決定の方のみに改めて連絡がきます

ということは、2,3週間待っても連絡がこないという場合は、書類審査の時点で不合格ということなのであきらめましょうね。

 

〈応募条件〉 22歳以下の男女。

履歴書と写真(バストアップ、全身 各1枚)を必ず郵送にて送ってください。

直接事務所へ持って行くのはお断りしています!

送り先

住所:〒106-0044 

東京都港区東麻布1-10-11 東麻布アベビル7F

株式会社ステッカー

履歴書を送る場合の注意点!

ステッカーの事務所へ応募申し込みする場合は郵送でしか受け付けていないため、履歴書を送る場合の注意点について少し触れておきたいと思います。

 

・履歴書を送る場合は、誤字脱字に気を付けてていねいに書きましょう!

・オーディションを受ける時の履歴書はあなたの分身だと思って、写真にもこだわりましょう!

・自分をしっかりアピールできる履歴書を作ろう!

・郵送の時に、切手は忘れていないか最終確認を!

 

最近はWEB履歴書を送る場合もあるので、減ってはきているかもしれませんが、事務所にはたくさんの履歴書が送られてきます。その中からまずは自分の履歴書を手に取って見てもらう必要があるので、ていねいに書いて読みやすい履歴書を送る必要がありますよね!

 

主催者側は何を一番に重視して見ているかというと、履歴書の写真です。

1、顔とスタイルを見ているので、履歴書の写真は安くてもスタジオにてプロのカメラマンに撮影してもらうとか、ポートレート撮影を趣味にしている友人に撮ってもらった写真を使うなど、見た目で違いがわかる写真にしたほうが良いでしょう。

 

2、個性があってスタイルのわかる服装。流行っているかたと自分に似合わない服装や、スタイルのわかりずらい服装、白い服装はさけるようにしましょう。

・清潔感がある髪型

・盛り過ぎないナチュラルメイク

・明るい表情

この3つも忘れずに心がけてくださいね。

 

アピールポイントは、「忍耐力がある」とか「笑顔です」など誰もが書くようなことではなく、

・「ピアノを10年習ってきたので絶対音感に自信がある」

・「3歳からバレエ教室に通っているので体のしなやかさやに自信がある」

など自分にしかできないアピールをしっかりしていきましょう。

オーディション情報サイトから応募する方法

では、オーディション情報サイトからの申し込む方法についてですが、オーディション情報サイトもたくさんあるので、今回はステッカーが参加している2つのサイトに縛りたいと思います。

サイトからの申し込みになるので、履歴書は会員登録をして、WEB履歴書で申し込む形になります。

 

1、Deviewのサイトからオーディションを応募する方法

2、narrowのサイトからオーディションを応募する方法

 

どちらも登録者数が多数いて、しっかりしたオーディション情報サイトなのでご安心ください。

Deviewのサイトからオーディションに応募する

引用:Devieデビュー

Deviewは昔からあるオーディション情報サイトです。

毎回、様々なオーディションを開催していますが、なんと、映画などで活躍する女優を選ぶ【映像レビュー新人発掘ワークショップオーディション2018年】で、見事合格者をした永瀬未留(ながせみく)が所属したのが「ステッカー」です。

 

芸能プロダクション16社から審査・スカウトされる企画で、「この事務所なら入りたい」とステッカーを選んだようです。

 

今年も東京・大阪で同様の企画が開催されましたが、惜しくも応募は終了しています。また来年も開催されることを期待しましょう。

 

大阪】映像レビュー新人発掘ワークショップオーディション2019

loading...

引用:Devie

来年まで待てない場合は、、Devieのサイト内の「キーワードを入力してください」のところでステッカーと入力すると、随時募集の情報が出てきます。

 

【ベストセレクション】ステッカーで、随時募集をしています。

年齢 12~22歳
性別 不問
締切 随時募集 ※予告無く変更・終了する場合有り
詳しくはコチラをクリックしてください。

 

ただし、Devieは有料コンテンツサイトなので、会員登録(無料)する必要があります。

会員登録をしないと、掲載されている情報を見ることも、オーディションに応募もできません

 

また、コースも100円、300円、500円と会員登録する金額によって閲覧できるコンテンツ情報の内容やサービスの質が違いますが、どのコースに登録しようか迷う場合は、300円のコースがオススメですオーディションの応募機能が利用でき、スカウト機能も利用できるようになるので、プロダクションの目に止まればスカウトメールが届くチャンスが生まれるからです。

 

500円のコース(税込550円)に登録をすると、自分のプロフィールに音声動画ファイルを添付することが可能になるため、さらにスカウトされやすくなるというメリットがありますよ。

 

ステッカーは他にも【夏特2019】【冬特2019】【春ドラマ特別2019】など、さまざまな企画に積極的に参加して、次世代の看板タレントや看板俳優になりうる人材を募集しているので、随時チェックをして応募忘れがないように気を付けましょう!

 

オーディションを受ける場合の情報まとめ。

・会員登録の時にお金はかかりますが、オーディションは基本的には無料で受けられます。 

・応募後は、原則として1次審査通過者にのみ、主催者から連絡が入ります。(電話・メール・書面など)

・審査結果は、合格者にのみ、主催者から連絡が入ります。不合格の場合は連絡がありません。

・審査状況や審査結果について主催者に問い合わせることはできないのでご注意ください。

・未成年の場合は親の同意が必要です。

・不合格になっても再度応募することはできますが、履歴書の内容はその都度見直すようにしましょうね!

narrowのサイトからオーディションに応募する

引用:narrow

次に、narrowのサイトより応募する方法です。

こちらも利用者数が73000人を突破するほどのオーディション情報サイトです。

 

サイトを開いて、「プロダクションを探す」よりステッカーと名前を入力すると募集情報が出てきます。

 

<求める人材> 

年齢制限:22歳以下の男女

<所属の流れ>

1次審査:書類選考
2次審査:面接(複数回の場合もあります)
合格後、当事務所に所属して頂き、マネジメントを開始します。

<備考>

選考の合否についてのお問い合わせにはお答えすることができません。

〇担当者からのメッセージ

育成においては個性を大切に、一人ひとりの能力や分野の適性に合わせたワークショップで力をつけて、
オーディションを受けながら、直接現場で勉強してもらう方針です。
ジャンルを問わず、常に世の中に影響を与えるようなタレント性を持った若者との出会いを求めています。

引用:narrow

 

narrowも会員登録が必要(無料)です。

興味ありというボタンがあるので、そちらをクリックすると無料で会員登録を行うことができます。

narrowに会員登録しておけば、WEBで気軽にオーディションを受けることができるので便利です!

 

また、WEB履歴書で一度履歴書を作って登録しておけば、紙と違って書き直す手間がなく、何度でも応募することができます。narrowノートというサービスを活用すると、narrowでの自分の活動記録を一覧で確認することもできます。

 

narrowだけの限定オーディションを受けられる場合もあるので、会員登録をして定期的に確認してみてください。

 

こちらのサイトも、何度も応募をすることはできますが、応募後は1次審査通過者にのみ主催者から連絡が入り、2次試験で面接を行って⇒合格をした方は事務所に所属。この応募の流れは他のオーディションと同じです。

 

オーディションに受かる確率はどれぐらい?

倍率についてはハッキリした数字はでていないのでわかりませんが、2009年より所属するメンバーを増やしていっていますが、現時点では登録者数36名となっています。

基本情報

プロダクション名 ステッカー
種別 芸能プロダクション
代表者 千佐 隆智
創立 2007年7月
所属者数 36人
スタッフ数 10人
公式サイト
TEL 03-3560-9121

引用:株式会社ステッカー

 

しかし、所属者の内訳を見ると

タレント:1名 松嶋尚美

俳優:21名 駿河太郎、清野菜名、芋生悠、野田美桜、朝見 心、他16名

文化人:1名 丸屋九兵衛

計23名の名前と顔写真しかステッカーのサイトには掲載されておりません。

10年間で23名なので、募集をしていてもほとんどの方が採用になっていないことがわかります。

 

スカウトに力を入れて若手を育成しているので、ステッカーはオーディションを受けても、所属に至るまではなかなか難しい事務所だということですね。

 

だからといってあきらめるのはまだ早いです。小さい個人事務所だからこそ所属するのは狭き門ですが、入ってからは手厚い支援が受けられると考えられるので頑張りましょう。

 

ステッカーってどんな事務所?

最後に、ステッカーの事務所について知っておくことは大事なのでご紹介します。

ステッカーは、かつて松竹芸能に所属していた、松嶋尚美(元オセロの白い方)の個人事務所として2007年9月に元松竹芸能東京支社長であった難波規精と一緒に設立。まだその頃はオセロとして活動していたので、オセロとしては松竹芸能を通じて仕事を行っていました。

 

ステッカーは、平成11年に設立された笑福亭鶴瓶が所属する「デンサーシステム」の関連企業であり、元々は笑福亭鶴瓶も松竹芸能に所属していたので、松嶋尚美とは現在も同じ系列の事務所に所属していることになります。

 

松嶋尚美の個人事務所としてスタートしたステッカーでしたが、2009年6月よりタレント・声優の上田愛美(現在は退社している)や笑福亭鶴瓶の息子・駿河太郎も所属。

そこからスカウトを中心に若手タレントを発掘・育成・マネージメントしてきました。

 

現在では清野菜名、芋生悠、野田美桜など10代~20代のフレッシュな女優・俳優・タレントが所属しています。主に映画やドラマ、舞台を中心に活動してきていましたが、今後はバラエティー番組やお笑いタレントも育成していくようなので、今応募をすると所属できるチャンスがくるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?ステッカーは、元オセロの松嶋尚美が2007年に松竹芸能から独立をして個人事務所として設立したのが始まりです。

しかし、2009年より映画やドラマ、舞台を中心に活動する俳優・女優を所属させていっておりましたが、今後はバラエティー番組やお笑いタレントにも力を入れて育成をしていく方針です。

 

所属メンバーの募集に至っては、ステッカーは事務所のサイトでもオーディション情報サイトでも随時募集はしていますが、なかなかオーディションに合格をして所属するまでは難しいようです。

 

しかし、少しずつ所属メンバーが増えて行っており、俳優、お笑いタレント、マルチタレント・・・など、ジャンルを問わず応募書類を受け付けているので、所属できるチャンスの幅が広がっています!

 

今回は

1、ステッカーのサイト募集から応募する方法

2、Devieに会員登録をしてオーディションに応募する方法

3、narrowに会員登録をしてオーディションに応募する方法

 

この3つの方法をご紹介させてもらいました。どれか一つの方法を選んで応募するのも良いですが、全部の応募方法から申し込んで所属したい気持ちをぶつけてみてはどうでしょうか?

 

アピールの結果、良い返事がもらえるといいですよね!頑張ってください。

  • この記事を書いた人

4t3bf3el3sekw

-養成所や事務所

Copyright© 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.