養成所や事務所

【必見】アソビシステムオーディションの倍率・内容・応募方法詳細

今では世界的に有名なきゃりーぱみゅぱみゅさんが所属している芸能事務所アソビシステム。事務所設立からまだ10年程度の新しい事務所ではありますが、年々所属アーティストが増え、着実に成長を遂げている事務所の1つです。

 

そんなアソビシステムに興味を持っている人も増えており、中には「アソビシステムに所属したい」と考えている人もいるのではないでしょうか?そうなると

 

「アソビシステムってオーディション実施しているの?どうやって応募するの?」

「オーディションの内容は?倍率は?どんな人が合格しているの?」

 

といった疑問が出てくるでしょう。そんな人のために今回はアソビシステムのオーディションの応募方法・内容・倍率について解説していきます。これを読めばアソビシステムのオーディション実施状況が確実に分かります。是非読んでみてください。

アイドル、歌手、女優、モデルを目指す人はこちらも必ず読んでおいて下さい。

幅広いスキルが身に付けられる養成所とは?最短で芸能界を目指す人へ

*無料オーディション実施中

アソビシステムの過去に実施されたオーディション内容と倍率

ではさっそくアソビシステムが過去に実施してきたオーディションについて確認していきましょう。

 

アソビシステムでは過去に次のようなオーディションを実施されました。

 

・「ASOBISYSTEM THE AUDITION 2018」

・「17 Live×アソビシステム、ライブ動画オーディション」

 

それぞれ詳しく解説していきます。

ASOBISYSTEM THE AUDITION 2018

アソビシステム10周年を記念して行われた初の全国オーディションです。次世代のカルチャーを担う人間を発掘する目的で開催されました。

 

応募対象は10歳~24歳の男女で特定のエントリーフォームより応募する形でした。オーディション内容は書類審査→面接(集団)→フォト・ムービーテスト(カメラテスト)となります。また、このイベントには特別枠が設けられており、オーディションアプリ「LINE LIVE」「SHOWROOM」を利用し、獲得ポイントが多かった人を中心に選考され、選ばれると最終審査にそのまま進めるというシステムもありました。

 

こちらのオーディション、グランプリの発表は「ASOBIEXPO」というイベントの中で行われ非常に盛り上がりました。

正確な応募者数の公表はありませんがアプリからの応募も可能であったこと、アソビシステム初の全国オーディションとインパクト抜群で会ったことを考えると少なくとも数千人の応募があったはずです。最終的にグランプリを獲得したのは1名ですので、倍率は1,000倍以上であったことは間違いないでしょう。

 

なお、こちらのオーディションでグランプリを獲得した乗田雫杏(のりた しあん)さんですが、2019年10月現在では主な活動はなくレッスンに励んでいるのではないかと思います。しかし、乗田雫杏さんは元々小さい頃から子役として地元中心に活動しており、オーディションの少し前には越谷オサムさんの大ヒット小説「いとみち」のイメージガールを務めたことでも有名です。

今後の活躍に期待できますね。

17 Live×アソビシステム、ライブ動画オーディション

人気ライブ配信アプリ17Liveを利用して世界へ羽ばたく次世代アイドルの発掘を目的としたオーディションです。こちらのオーディション合格者は約1か月後のイベントでの最速デビューを掲げており、実際に合格者はそのイベントでデビューを果たしました。

 

応募対象は17LIVERである14~25歳の女性で、応募は17Liveアプリからする形でした。オーディション内容はナナドルチャレンジ(ユーザーよりもらえるポイント数上位200名を決定)→ナナドルデビュー(ユーザーよりもらえるポイント数上位40名を決定)→最終審査(面接)となります。なお最終審査にはアソビシステムが配信をみて直接選んだ10名も進むことができたので合計50名が最終審査に進みました。

 

このオーディションは約2,000名が応募し、7名が合格したので倍率は286倍(0.35%)となります。倍率もそこそこありましたし、自身で考えてライブ配信を行う必要がありましたので非常に難易度の高いオーディションでした。

こちらのオーディションで合格した7名は現在でもEVERYDAYSというグループで活動しています。

 

2019年に1名メンバーが卒業し、その際には追加メンバーオーディションを同じような形で実施したので、今後もメンバーの卒業があれば同じようなオーディションが実施される可能性があります。17Liveを利用している人は今後追加オーディションが行われる際は応募を考えてみてはいかがでしょうか。登録してないけど応募してみたいと思った人は今から17Liveを利用し、オーディションに備えておくと良いでしょう。

 

その他にもASOBISYSTEM × CHOKiCHOKi「次世代美容師コンテスト」、【幸楽苑×アソビシステム×mysta】オリジナルダンス企画「めん☆ダンスコンテスト」、マルコメ×アソビシステム“初代「マルコメちゃん」オーディション等様々なコラボオーディションを実施しています。

今後もコラボを含めて様々なオーディションの実施が期待できる事務所と言えるでしょう。

 

アソビシステムの随時オーディションはあるの?

「いつでも応募ができるようなオーディションは実施していますか?」

 

中には今すぐにでもオーディションに応募したいという人もいるかもしれません。常時ではないかもしれませんが、2019年10月現在では「アソビシステムマンスリーオーディション2019」というオーディションが実施されています。このオーディションには特に期限がありません。

 

詳細を見てみるとグランプリ特典も紹介されていますので、もしかしたらグランプリにふさわしい人が決まった段階でオーディションは終了するという趣旨なのかもしれませんが、少なくともそれまではオーディションを受けるチャンスがあるというのはたしかです。

 

ではどのようにオーディションに応募していくのか具体的に説明していきます。

手順は全部で2つですので、とても簡単です。

 

① エントリーフォームよりエントリー

② 確認メールよりLINE友達追加

 

まず、下記エントリーフォームより

・志望ジャンル(モデル・アーティスト・タレント・アイドル・俳優)

・名前

・性別

・年齢

・住所(県名のみ)

・メールアドレス

・電話番号

・自己PR(趣味・特技等)

を記入してください。

アソビシステムマンスリーオーディション2019エントリーフォーム

 

応募後翌営業日中にこのようなメールが届きます。

 

 

こちらのメールにて公式LINEアカウントの友達追加を促されますのでメールにあるURLより友達に追加してください。そして公式LINEに都合の良い日を第4希望まで直接知らせるシステムとなっています。(今回届いたメールにはオーディションの開催日は毎週水・土・日と書いてありますので、この曜日の中から希望日時を伝えてください。)

 

後は、連絡を待ちましょう。

 

応募は10歳~29歳の男女(1989年 〜 2009年 生まれ迄)が可能で、オーディション内容はエントリー→オーディション(集団面接・自己アピール)→個人面談となっています。こちらのオーディションは全員面接の形をとっていますので、エントリーさえすれば誰でも面接を受けることができます。(ただし、会場は東京のみ)

 

倍率については現在実施しているオーディションですのでハッキリした数字は発表されていませんが、掲示板等の声を聞いていると合格している人が多いようです。

ただし、ほとんどがスクール生としての合格のようでレッスン料が年間数十万円かかるという話をされる人が多いようです

 

面接時に魅力を感じるような人に対してはそのまま所属を勧めてくるパターンもあるようですが、本当に極まれですので、実質は合格はかなり難しいと思ってください。

 

とはいえオーディション自体は無料で受けることができますので、興味がある人はまずは受けてみても良いでしょう。最終的にレッスン料が発生するとなったときにそれでもアソビシステムで頑張ってみたいと思うのであれば契約すれば良いですし、そこまで支払うのは難しいとなればその段階で断れば問題ありません。

参考記事

アソビシステムに養成所はある?レッスン料や評判を暴露します

女優、モデル、アーティストになりたい人が選ぶべき養成所とは?

 

きゃりーぱみゅぱみゅはどうやって事務所に所属したの?

アソビシステムへの所属を考えている人にその理由を聞くと多くの人が

 

「きゃりーぱみゅぱみゅに憧れています!」

 

と答えます。この記事を読んでいる人もそう思っている人が多いのではないでしょうか?

 

「きゃりーぱみゅぱみゅはどうやってアソビシステムに所属したの?」

 

こういった質問もあります。では、アソビシステムの主力アーティストであるきゃりーぱみゅぱみゅさんがどのようにアソビシステムに所属をしたのかここで説明しておきます。

 

きゃりーぱみゅぱみゅさんは高校生の時に原宿でスカウトされ、「KERA」という雑誌で読者モデルとしてデビューしたのが最初でした。実は、小学生の時に本名でデビューしていたという噂もありますが定かではりません。

アーティストとしてのデビューのきっかけはPerfumeなどをプロデュースしている中田ヤスタカさんとの出会いです。その出会いをきっかけにavexが主催する「HIGHSCHOOLSINGER.JP」を通じてプレデビューし、翌年正式にデビューしました。

 

つまり、アソビシステムへの所属のきっかけは現在もアソビシステムに所属している中田ヤスタカさんということになります

 

この話を聞くとデビューできる可能性がいつどこで転がっているかなんて分かりませんね。あなたも原宿の街で偶然中田ヤスタカさんと出会い、そのままアソビシステムでアーティストデビューなんてこともあるかもしれないのです。そう考えると、積極的に外出してみるというのもアソビシステムに所属するための一つの方法なのかもしれません。

 

ただし、中には悪徳スカウトもいますので十分に気を付けてください。

 

アソビシステムはどんな人が向いてる?

ここまでアソビシステムのオーディション情報についてはご理解いただけたのではないかと思います。最後に

 

「アソビシステムってどんな人がオーディションに合格しやすいの?」

 

という質問に答えていこうと思います。もちろん、アソビシステムでアーティストや俳優として活動していきたいという強い志を持っている人であれば合格するチャンスはあると思いますが、特に次のような人には向いている事務所だと思います。

 

・周りになんと言われても自分を曲げない強い心を持っている人

・日本にとどまらず世界で活躍したいと思っている人

・アソビシステムに自分の憧れのアーティスト・俳優等が所属している人

 

それぞれもう少し詳しく説明していきます。

周りになんと言われても自分を曲げない強い心を持っている人

一般的には変だと言われることでも自分がそう思わなければそれを曲げずに突き進む人っていますよね。例えば、金髪=ヤンキー・タトゥー=ヤクザと思われてしまうような時代もありましたが、現在は日本でも金髪やタトゥーはファッションの一部として少しずつ認められるようになってきています。それがなぜ認められるようになってきたのかという金髪やタトゥーを悪とせず自分の個性として続けてきた人がいたからです。

 

このような人たちのおかげで昔は良いイメージがなかったものが今では割と当たりとなることは結構あります。

今は変わっていると言われてしまうようなことでも気にせずにやってしまうことができる人はそれが一つのアピールポイントとなり、自己PRにおいても個性を発揮できるのではないかと思います。

結果として、審査員の人にも強い印象を与えて、合格できる可能性が高まるのではないでしょうか。実際、アソビシステムに所属している三戸なつめさんは人と同じ髪型でいるのが嫌だということから前髪をぱっつんにしていました。そして、それをきっかけに一躍注目を集めています。

 

普段友達などに「それは変だよ」と言われるようなことを当たり前にしてしまうことがあればオーディションを受けてみてください。

日本にとどまらず世界で活躍したいと思っている人

先ほども書きましたがアソビシステムは原宿文化を世界各国に伝えることを目的に活動している事務所です。よって、日本国内のみで事業を行おうとは考えていません。

 

実際、きゃりーぱみゅぱみゅさんもヨーロッパやアメリカをはじめ世界各国でライブ活動を行っています。コンセプトから考えると今後も所属アーティストそれぞれが海外での活動も行っていくと考えられます。

また、原宿は若者の文化の中心の街ですので、様々な業界において激戦区となっておりそれは芸能界においても例外ではありません。そうなると現実的に原宿のみで事業を続けていくというのは非常に難しいことでもあります。

 

このことからも海外への事業展開は当然の流れということになります。ですので、日本にとどまることなく世界で活動を考えてみたいという人にとっては夢の実現に非常に近づくことのできる事務所と言えるでしょう。

アソビシステムに自分の憧れのアーティスト・俳優等が所属している人

精神論になってしまうところもありますが、やはり何かを行う上で一番大切なのは信頼関係です。芸能界というのは華々しいイメージがある一方、不透明な部分が多い分、なかなか信用しされない部分もあります。それは事務所が新しければなおさらです。信用できる人がいないとなるとその事務所で努力を続けることができる可能性はかなり低くなります。

 

また、人は目指すべき目標が明確に定まっている方がそこに向けて努力ができます。逆に目標が曖昧だとやるべきことがわからず何も考えずに時を過ごしてしまい、結果としてあまり成長もできず、その道を諦めてしまうことになる人も多いのです。

そうならないようにするためにはやはり憧れ(=目標)の人がいるところの方が最終的にはプラスになるでしょう。

ただし、当然ですがなんとなくの憧れでは意味がありません。本気でその人を目指す、または超えるという強い気持ちがなければいけません。芸能界はやはり厳しい世界です。あなたが憧れるような有名な人であれば必ず人の何倍も努力をしています。その人に追いつくためにはさらにそれ倍以上の努力が必要であることは覚えておいてください。

 

以上のような人は特にアソビシステムの事務所の求める人物像に合致するのではないかと思います。とはいえ、上記に当てはまらなくとも自分には強い個性がある、または芸能界で誰もやってないようなことをやってみたい等アソビシステムにアピールできることがあるのであればオーディションにチャレンジしてみても良いと思います。

 

そもそもアソビシステムという事務所は社長である中川悠介さんが2002年から2006年にかけて実施した有名美容師出演によるイベントが事業の原型であり、そのイベントにかかわった人との人脈からマネジメントやプロモーションを始めたというかなり異色な芸能事務所です。ですので、現在所属しているアーティストも実に様々なきっかけで事務所に所属し、現在も活動しています。

 

チャレンジ精神はどのような事務所でも評価につながるとおもいますが、アソビシステムでは他の事務所以上に評価される可能性があるでしょう。是非チャレンジ精神を前面にアピールしてみてください。

 

まとめ~アソビシステムで未来の芸能界を変えよう~

 

いかがでしたでしょうか?今回はアソビシステムオーディションの内容・倍率・応募方法について解説していきました。もう一度整理すると

 

・アソビシステムのオーディションはアプリを利用した投票数を獲得しなければならないものがあったり、倍率も高いものがほとんどなので総合的に合格は難しい。

・2019年実施のアソビシステムマンスリーオーディションは合格者は多いがそのほとんどが有料のスクール生契約となっている。

・きゃりーぱみゅぱみゅは原宿で中田ヤスタカさんに出会ったことでアソビシステムに所属した。

・人にはない個性を発揮できる人、世界的に活躍したいと思っている人がアソビシステムに向いている。

 

となります。アソビシステムのオーディションについてご理解いただけたのではないかと思います。

 

できたばかりの事務所ですので育成についてはまだまだ環境を整えきれていない部分もあるのかなと感じるところもありますが、オーディションに関しては他の事務所にはないオリジナル企画も多く、これからどんな人が芸能界で活躍するのだろうという楽しみを持たせてくれるところもあります。

 

アソビシステムは今後も今の芸能界にはない新しいカルチャーを発信する事務所となっていくでしょう。今後の成長に目が離せません。「日本の芸能界に新しい風を吹き込みたい!」「未来の新しい芸能界を創りたい!」と思っているそこのあなた。是非アソビシステムのオーディションを受けてみてください。あなたが新しい芸能界を創り、活躍してくれることを期待します。

 

人気記事本気で人気モデル、女優、アーティストを目指す人におすすめの養成所

  • この記事を書いた人

4t3bf3el3sekw

-養成所や事務所

Copyright© 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.