養成所や事務所

田辺エージェンシーのオーディションの倍率は?応募方法・内容

所属する芸能人は少数なのに、トップクラス級の俳優やタレントばかりの「田辺エージェンシー」。

非常に影響力のある芸能事務所として知られています。

 

「田辺エージェンシーに入りたい!」という人は多いのに、オーディションの詳細はあまり知られていません。

 

ここでは、

「田辺エージェンシーに所属するにはどうしたらいいの?」

「オーディション応募方法は?」

「オーディションに合格するのって難しいの?」

 

これらの事に注目しつつ、所属後のメリットなども合わせて紹介していきたいと思います!

是非、参考にしてみてくださいね。

 

田辺エージェンシーってどんな事務所?【少数精鋭型です】

引用:田辺エージェンシー公式HP

田辺エージェンシーとは、タモリ、研ナオコ、永作博美、堺雅人、などの俳優やタレントの他、RIP SLYMEなどの歌手も所属している大手事務所です。

 

元はホリプロだったスパイダースのマネジメント部門が独立。スパイダースのリーダーであった田邊社長が1973年に設立しました。

 

スパイダースのメンバーを集めた田邊社長の発掘センスで、次々と人気芸能人を発掘。社長の発掘力で大手事務所へとのし上がったと言っても過言ではありません!

 

大物芸能人や超売れっ子芸能人ばかりなのに、所属人数は少数です。

ズバリ!少数精鋭型の事務所です。

 

POINT

次々と人気タレントや俳優を輩出してきた実績があるので、マネジメント力の高さに期待できます。

それに、少数精鋭型なので、所属できたら大事にしてもらえますね!

 

所属するにはどうしたらいいの?【方法は2つ】

トップクラス級の芸能人しか所属していない印象の田辺エージェンシーですが、「一般公募してるの?」と気になるところですよね。

安心してください!田辺エージェンシーは新人発掘を積極的に行っている事務所なんです!

 

一般の人が所属する方法には、オーディションとスカウトがあります!

 

オーディションも公式サイトから随時募集しているので、いつでも応募できてありがたいですね。

では、オーディション応募方法や内容について詳しく紹介していきます。

 

誰でも応募できるの?【年齢制限なし】

どこの事務所のオーディションにも「応募資格」という項目があり、だいたい年齢10代、20代となっていますが、田辺エージェンシーには応募資格がありません

 

生年月日を入力するようになっているので、年齢は考慮されるとは思いますが、はなっから年齢で足切りなんて事は無いようです。

これは20代後半~30代で芸能界を目指している方には朗報ですね。

 

POINT

そもそも事務所の顔でもあるタモリさんが30歳過ぎてのデビューです。

あなたが魅力的な人であれば年齢は関係なく所属できるはず!年齢を考えて尻込みせずに、自信を持って応募しましょう!

 

オーディション応募方法は?【公式サイトから随時募集】

オーディションは随時募集していて、公式サイトから応募可能です。

種類は3つに分かれています。

①タレント・俳優

②お笑い

③ミュージシャン

 

①タレント・俳優は、身長、体重、スリーサイズの入力項目があります。

その他に、好きな本、好きな映画・テレビ、尊敬する人、特技なども入力するようです。

しっかり自己アピールしましょう!

 

②お笑いや③ミュージシャンのフォームには「近日のライブ予定」という項目があります。

WEB選考で担当者の目に留まれば実際に見に来てもらえるのかもしれませんね!

 

オーディションの内容は?

気になるオーディション内容ですが、残念なことに田辺エージェンシーのオーディションの詳細は不明です。

 

でも大丈夫です!芸能オーディションというのはどこの事務所も流れは同じ。

ここでは一般的な芸能オーディションの内容について紹介していきます。

 

≪一般的な芸能オーディションの内容≫

一次審査・・・書類選考(またはWEB選考)

二次審査・・・実技審査

最終審査・・・面接

 

一次選考通過者のみ連絡が来ます。基本的に2〜4週間くらいで連絡がきます。

 

次に、気になる実技審査ですが、一般的に自己紹介・自己PR・質疑応答などを行います。

田辺エージェンシの場合は希望するジャンルで以下の内容が加わるかと思われます。

①タレント・俳優・・・特技披露(俳優であれば、演技審査など)

②お笑い・・・ネタ見せ

③ミュージシャン・・・演奏

自分の希望ジャンルに合わせて準備していきましょう。

 

オーディション合格後は?

田辺エージェンシーは新人育成に積極的な事務所として知られています。

 

まず、新人は芸能人として必要な覚悟、社会常識やマナー等しっかりとレクチャーされます。

本人の希望は聞いてくれるそうで、ミーティングを重ねながら方向性を決めていきます。新人教育やミーティングを経て、良きタイミングでメディアへのプロモーションを行っていくそうです。

 

田辺エージェンシーは「学業と仕事を両立すること」がモットーらしく、学生の場合は学業を優先してスケジュールを組んでくれます。

 

POINT

さすが、少数精鋭型事務所!所属タレントが少ない分、所属できたら大切にしてもらえるようです。

「高いレッスン料払って養成所スタートなの?!」なんて心配も無用です!

 

スカウトもしているの?【厳選してスカウト】

田辺エージェンシーはスカウトも行っているようですが、かなり厳選してスカウトしているようです。

 

https://twitter.com/sekiseimofu21/status/946366252812869632

 

知人からの情報だったり、メディアに出た一般人などのスカウトをしているようです。

半沢直樹で大ブレイクした堺雅人もスカウトで所属しました。

 

https://twitter.com/curdle_air/status/894445028801617920

 

スカウトはしていると言っても、「原宿歩いていたらスカウトされた~」SNSにアップ!なんてレベルではありません。

かなり選んでスカウトしていると思うので、声をかけられたら大チャンスです。

 

POINT

人気の事務所なのでスカウト詐欺もあるようです。少しでも怪しいと思ったら事務所に電話して確認してみましょう!

 

田辺エージェンシーのオーディションの倍率は?【最難関です】

人気のある事務所なだけに、気になるのが倍率です。

田辺エージェンシーは公開オーディション等を開催しているわけではないので、応募者数や合格者数の詳細がわからず倍率の数値化はできません。

 

一般的に大手事務所のオーディションの倍率は500倍と言われています。500人に1人が所属できるという事ですね。

書類選考通過も1割程度とのことですが、SNSやネットからの憶測ですが、田辺エージェンシーはそれより厳しいのではないでしょうか。

 

田辺エージェンシーのオーディションに応募したという情報はあっても、選考の情報は全く聞きません。

すごい少人数だし、超有名人しかいないし、でも随時募集となっているし、
だけど面接まで行ったという情報がないですよね( ´,_ゝ`)

引用:キャスフィ

学校の友達と一斉に受けましたが、誰一人受かりませんでした。
所属タレント見てると、どこかの語学が飛び抜けてできるとか、何かすごい特技を持ってる人でないと無理ですね…そういったところを重視の事務所。 関連会社のケイダッシュの方が受かりやすい気がする…

引用:キャスフィ

有名な方しかいらっしゃらないですよね・・・・
オーディションというのも形だけなのかもしれないですね・・・・

引用:キャスフィ

今開催してるスターダストの書類選考にすら通らなかったら難しいでしょうね
それが一つの指標になると思うな
田辺エージェンシーよりスターダストの方が入りやすいから

引用:Yahoo知恵袋

このような口コミを見る限り、オーディションでの二次選考に進む事自体がかなり狭き門だと推測できます。

最難関の芸能事務所であることは間違いありません。

 

POINT

「新人発掘や育成に積極的」で有名な田辺エージェンシーですから、新人発掘は行っているはずです。

厳しいとは言え、可能性はゼロではありません!

希望者は応募あるのみです。

 

田辺エージェンシーは芸能界で大きな影響力を持っている?

田辺エージェンシーは非常に影響力を持っている事務所という事でも知られています。

 

所属タレントのスキャンダルは週刊誌に取り上げられても、すぐに収束します。田辺エージェンシーの力で所属タレントのイメージを守っているからだそうです。

 

ベッキーとの不倫騒動で世間から猛バッシングだった川谷絵音さんも、田辺エージェンシーに移籍した瞬間からピタッとバッシングが無くなりました。

 

タモリさんも過去に不倫騒動が持ち上がった事があったようですが、すぐに収束。メディアは一切取り上げなかったそうです。

 

タモリさんの、あの仙人のようなイメージもスキャンダルから守り続けた事務所が作り上げたものなのかもしれないですね。

何はともあれ!所属タレントはイメージ守ってもらえてメリットだと思います。

 

POINT

芸能人にはスキャンダルもバッシングも付き物ですが、無い方が良いに決まってます。

事務所の強い力で守ってもらえるのは大きなメリットですね。

 

田辺エージェンシーは番組制作も行っているって本当?【出演のチャンス】

引用:エンタ魂(ミュージックステーション)

田辺エージェンシーはタモリさんが司会を務める番組の制作を多く手掛けています。

 

現在では「ブラタモリ」や「ミュージックステーション」の制作、また「FNS27時間テレビ」の制作協力も行っています。

あの「笑っていいとも」も長年制作協力していたそうです。

 

所属できたらこれらの番組に出演できるチャンスですよね!

 

ちなみに「ミュージックステーション」の出演決定権は田辺エージェンシーが持ってると言っても過言ではないそうです。

ミュージシャン志望の方は、憧れのMステに出れたら最高ですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

田辺エージェンシーのオーディションは最難関と言われていますが、所属できれば少数精鋭なので力をかけて売り込んでもらえそうです。

 

人気芸能人を次々と排出してきた実績や、高いマネジメント力、番組制作を行っている事などを考慮してもかなり魅力的な事務所ですよね。

 

スキャンダルによるバッシングが加速する現代において、事務所がそういったことから守ってくれるというのもメリットだと思います。

 

発掘センスには定評がある田邊社長のお眼鏡にかなえば将来は約束されたようなもの!

まずはオーディション応募からです!希望者は是非頑張ってみてくださいね。

 

 

 

  • この記事を書いた人

4t3bf3el3sekw

-養成所や事務所

Copyright© 芸能人になりたい全ての人が最初に読むサイト!芸なりドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.